【類似表現5選まとめ】inform 人 of モノに”of”を使う理由

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は、inform 人 of モノという形の表現を取り上げます。

他にも類似表現がいくつかあるので、これを機会にまとめて紹介したいと思います。

 

ところで、inform 人 of モノには、

なぜofを使うの?

 

 

inform 人 of モノの表現でなぜofを使うのか、

という理由も含めて説明するので大丈夫です。

 

ofのイメージさえつかんでしまえば、暗記はカンタンです!

 

inform 人 of モノ型の動詞まとめ

まずはinform 人 of モノという形をとる動詞をまとめて紹介します。

 

微妙な違いはあれど、全てofが同じ意味で使われています。

 

inform 人 of モノ型の動詞まとめ
  • inform 人 of モノ:人にモノについて知らせる
  • convince 人 of モノ:人にモノを納得させる、確信させる
  • persuade 人 of モノ:人にモノを納得させる、信じさせる
  • remind 人 of モノ:人にモノを思い出させる
  • warn 人 of モノ:人にモノを警告する

  →全て「人+that SV」への書き換えが可能!

 

わかるような、わからないような…

 

 

全て一気に理解するために、前置詞ofのイメージを説明します。

 

その後、個別の表現を例文付きで紹介します。

「人+that SV」への書き換えが可能という部分は例文紹介と一緒に説明します。

 

前置詞ofのイメージは「所属からの分離」

前置詞ofのイメージは、ズバリ「所属からの分離」です。

 

前置詞ofには、「もともと所属していたところから分離する」というニュアンスがあるんです。

 

 

下の図がofのコアイメージです。もともと所属していたBから、Aだけが分離して離れていく、というイメージで捉えてください。

 

 

で、ofの基本的な意味は「分離」なのですが、

「分離前にBに所属していたこと」に焦点を当てると、「所属」の意味にもなるのです。

 

そこから、「Bについて」という訳を持つようになるのです。

これが今回のinform 人 of モノの“of”の正体です。

 

 

身近なところでは、think of~で「~について考える」というofの使い方がありますね。

それと同じofだという理解でOKです。

 

<参考記事>前置詞ofをイメージで理解する

 

inform 人 of モノ

では、順番に見ていきましょう。

inform 人 of モノで「人にモノについて知らせる」という意味になります。

 

先ほどの説明の通りですね。ofを「~について」と訳しています。

 

 

例文はコチラ。me(わたし)に、her arrival(彼女の到着)について知らせたという文です。

He informed me of her arrival.

(彼はわたしに彼女の到着を知らせた

≒直訳:彼はわたしに彼女の到着について知らせた)

 

また、この文は次のように書き換え可能です。

He informed me that she had arrived.

(彼はわたしに、彼女が到着したということを知らせた)

 

 

思う・言う・伝える…などの情報伝達系の動詞は、

たいていthatの形をとることが出来るんですね。

 

今回のinform(知らせる)なんて、まさにドンピシャ。

むちゃくちゃ情報伝達してますね。

というわけで、thatの形への書き換えもOKなのです。

 

 

ただ、人 that SVの「人」の部分を忘れないでくださいね!

「人」の部分は省略不可です。

(あと、thatも普通省略しません

 

 

これから紹介するほかのパターンも全て一緒です。

人 that SVへの書き換えが可能です。

 

convince 人 of モノ

convince 人 of モノで「人にモノについて確信させる、納得させる」という意味になります。

 

先ほどの説明の通りですね。ofを「~について」と訳しています。

 

 

例文はコチラ。

He convinced me of her sincerity.

= He convinced me that she was sincere.

(彼はわたしに彼女が誠実であることを確信させた)

 

me(わたし)に、her sincerity(彼女の誠実さ)について確信させたという文ですね。

書き換えにも注目です。

 

persuade 人 of モノ

サクサクいきましょう。

persuade 人 of モノで「人にモノについて説得する、納得させる」という意味になります。

 

 

例文はコチラ。

He persuaded me of her honesty.

= He persuaded me that she was honest.

(彼はわたしに彼女が正直であることを確信させた)

 

 

ちなみに、honestとsincereの違いは下記のとおりです。

  • honest:真実を伝えるために、何かを話す/行動する、というイメージ
  • sincere:本心を偽らずに話す/行動する、というイメージ

 

わかりにくいですが、sincereの方がピュアな感じがしますね。

 

remind 人 of モノ

remind 人 of モノで「人にモノについて思い出させる」という意味になります。

 

 

例文はコチラ。

He reminded me of my homework.

= He reminded me that I had to do my homework.

(彼はわたしに、宿題について思い出させた

= 彼はわたしに、わたしが宿題をやらねばならぬことを思い出させた)

 

宿題は、忘れたままの方が幸せだったかもしれません。

 

warn 人 of モノ

これでラストです。

warn 人 of モノで「人にモノについて警告する」という意味になります。

 

 

例文はコチラ。

He warned me of a great danger.

= He warned me that there would be a great danger.

(彼はわたしに、重大な危険について警告した

= 彼はわたしに、重大な危険があることを思い出させた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

「~について」という意味合いで一網打尽に理解できますね。

 

 

今回は、直訳調で例文を訳しましたが、

「~について」の部分は「~を」と訳した方が自然な日本語になることもあります。

文脈次第で適当に処理してOKです。

 

ただ、根本には「of=~について」というイメージがあることを忘れないでくださいね。

 

 

それでは!

 

<参考記事>前置詞ofをイメージで理解する

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント