【語源でイメージ】”接頭辞 de”の英単語まとめ【下に/強意/反対】

基本表現・語源

 

今回は“de”を接頭辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接頭辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の意味を大きく変える傾向があります。

 

“de”を含む英単語まとめ

接頭辞”de”には、

  • de: ①下に、②強意、③反対

という役割があることを意識してください。

 

 

「①下に」は、「depend: 依存する、頼る」が有名だと思いますが、

  • de: 下に
  • pend: ぶらさがる(ペンダントと同じ語源)

というイメージですね。

 

 

「②強意」は、グリっと強調するイメージです。「declare: ~を宣言する、発表する」が比較的有名だと思いますが、

  • de: 強意
  • clare: 明らかにする(clearと同じ語源)

というイメージですね。

 

 

「③反対」は、disと同じイメージで捉えると良いと思います。「ディスる=バカにする」は、日本語にも溶け込んでいますよね。否定的なイメージを含みます。

 

 

下記には代表的な単語をいくつかピックアップしてみました。「de: ①下に、②強意、③反対」というイメージをつかみつつ、ザっと眺めてくださいね。

 

ポイント

<①下に>

 

 

<②強意>

  • declare: ~を宣言する、発表する(clearと同語源)
  • definite: 明確な「fin: 境界、終わり」
  • derelict: 荒廃した、見捨てられた

 

 

<③反対に>

 

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント