【イメージでわかる】deliver/deliveryの11個の意味を一発暗記!

基本単語

 

今回はdeliverという単語の意味をまとめてみたいと思います。

 

一見、全く違う意味を持つ単語なので暗記に苦労するのですが、あるイメージを押さえれば一発で理解可能&二度と忘れません。

 

一体どのようなイメージなのか? 早速見ていきましょう!

 

deliverの意味・イメージまとめ

deliverの意味・イメージまとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
<動詞>
  • ~を配達する
  • ~を言い渡す、演説する
  • ~を引き渡す、手放す
  • ~に分娩させる(産ませる)
  • ~を加える
  • ~を投げる

 

<名詞:delivery>

  • 配達
  • 引き渡し
  • 分娩
  • 話し方
  • 投球

 

 

本質的なイメージは、「持っているものを放出する」です。

 

 

このイメージを頭に入れて、各例文を見ていきましょう!

 

deliver例文

deliverを使った例文です。

 

~を配達する

「~を配達する」です。手に持っていたものを誰かのお宅で放出するイメージです。

 

The postman delivered the letter.

(郵便員がその手紙を配達した)

 

~を言い渡す、演説する

「~を言い渡す、演説する」です。頭の中の考えなどを放出するイメージです。

 

He delivered the opening address.

(彼は開会の辞を述べた)

 

He delivered a lecture to them.

(彼は彼らに講演をした)

 

~を引き渡す、手放す

「~を引き渡す、手放す」です。やはり、手に持っているものを放出するイメージです。

 

He delivered the suspect to the police,

(彼は容疑者を警察へ引き渡した)

 

They delivered the city to the enemy.

(彼らは街を敵へ明け渡した)

 

~に分娩させる(産ませる)

「~に分娩させる(産ませる)」です。お医者さんが、お腹の中の子どもを外へ放出させるイメージです。

 

The doctor has delivered the baby.

(その医者は、赤ん坊を分娩させた)

 

~を加える

「~を加える」です。力を放出して、相手に与える感じです。

 

The boxer delivered a hard blow to his stomach.

(ボクサーは、彼の腹に強烈な一撃を加えた)

 

~を投げる

「~を投げる」です。ボールを放出するイメージですね。野球でよく使われます。

※「pitch: ~を投げる」、「pithing: 投球も」もちろんアリです。

 

He delivered a curve.

(彼はカーブを投げた)

 

配達、引き渡し、分娩、話し方、投球

ここからは名詞です。deliveryの形で使われます。

 

全て動詞の意味と被っているので、一気に紹介します。やはり放出するイメージで捉えてください。

 

  • 配達
  • 引き渡し
  • 分娩、出産
  • 話し方
  • 投球

 

 

現在(2020.10時点)、ちょうどMLBのポストシーズンをやっているので、投球関連の表現をいくつか紹介すると、

  • a fine delivery: 素晴らしい投球
  • a slow delivery: 遅い投球
  • a fast delivery: 速い投球
  • a submarine delivery: サブマリン投法、アンダースロー

といったように使用できます。

 

おわりに

いかがでしたか? 様々な意味も、イメージで捉えると納得しやすいと思います。

 

なお、今回の記事の作成に当たっては、

を確認させて頂きました。

 

 

個人的な感想ですが、ジーニアス英和辞典 第5版が一番よくまとまっていてわかりやすかったと思います。(takeに限らず、様々な項目を調べる際、ジーニアス英和辞典 第5版が一番わかりやすい&納得のいく説明が載っている気がします)

 

 

もしお持ちでない方は、3000円くらいで買えますので、試しに購入してみると良いと思います。(高校生レベル~大人レベルまで、ほぼ一生使えてこの値段は凄いです)たぶんジーニアスジャンキーになります笑

 

なお、辞書については下記の記事でさらに詳しく比較しているので、よければ併せてお読みくださいね。

【2020年版レベル別】英語オススメ辞書13選!

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント