【決定版】比較級・最上級スペルの法則【活用一覧】

比較

 

今回は比較級・最上級のスペル (つづり)の法則をまとめてみたいと思います。

 

たとえば、下記の単語を見てみましょう。

 

全て違う法則で語尾が変化しているのがわかるでしょうか。

  • long – longer – longest
  • large – larger – largest
  • early – earlier – earliest
  • big-bigger – biggest
  • interesting – more interesting – most interesting
  • bad – worse -worst

 

 

今回は、知っていそうで意外と知らない比較級/最上級の活用パターンをサクッとまとめてみました!

 

比較級・最上級スペルの法則

比較級・最上級スペルの法則は下記の通りです。

 

 

 

ポイント
<通常パターン:-er/-est>
  • long – longer – longest

 

<eで終わる:-r/-st>

  • large – larger – largest

 

<子音字+yで終わる:yをiに変えて、-ier/-iest>

  • early – earlier – earliest

 

<短母音+子音字:子音字を重ねて、-er/-est>

  • big-bigger – biggest

 

<3音節以上:more-/most->

  • interesting – more interesting – most interesting

 

※1 音節は数え始めるとかなり複雑です。おおむね5~6文字以上の単語と考えてください。音節の数え方は、基本的には単語に含まれている母音字の数と考えてよいです。ただし、子音字+eで終わる場合、最後のeは音節にカウントしません(aceは/eis/の一音節)。そしてさらに、直前に母音またはrがない場合、l, m , nは一つの音節を形成するので注意が必要です(credible/bl/, outspoken/kn/ )。

※3 元々2音節の語に接頭辞が付いた場合、元の流れを引き継いで、そのまま-er/-estの変化をします(unhappy – unhappier – unhappiest)。

※2 ちなみに、2音節でもmore-/most-を使う単語もあります。具体的には下記のような単語です。迷ったらmore-/most-を付けるようにしましょう。大体それで通じます。

  • a-で始まる単語:afraid
  • -ful/-less/-ish/-ousなどの接尾辞がついている単語:useful, useless, selfish, famousなど
  • more-/most-と-er/-estのどちらでも良いが、more-/most-の方が多い単語:common, cruel, distant, exact, pleasant, polite, solid, wicked

 

 

<その他例外>

  • bad – worse -worst(悪い)
  • ill – worse -worst(病気の)
  • badly – worse -worst(悪く、ひどく)
  • good – better -best (良い)
  • well – better -best (上手に)
  • many – more – most (たくさん)⇒可算名詞とペア
  • much – more – most (多量の)⇒不可算名詞とペア
  • little – less – least (少量の)
  • far – farther – farthest (遠い “物理的距離”)
  • far – further – furthest (遠い “物理的/抽象的距離”)
  • late – later – latest (遅い “時間的に”)
  • late – latter – last (遅い “順序的に”)

 

 

上記の法則を頭に入れておけば、比較級/最上級の活用で悩むことはなくなるはずです。

 

 

なお、more-/most-にすべきか、-er/-estにすべきか悩んだら、more-/most-にしておくのが無難です。最近の流れとして、ネイティブの間でもmore-/most-にする傾向があるようです。

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント