whileの意味・用法まとめ【for a while, ~する一方…】

名詞

 

こんにちは、今回紹介するのはwhileの意味・用法です。

 

文章を読んでいると頻出するコチラの表現。使い方にいくつかパターンがあるので、これを機会にぜひ押さえてくださいね。

 

whileのコアイメージは「~する間、期間」

whileの最もコアなイメージは「~する間、期間」という意味です。

 

そこから派生して、下記のような意味を持つようになりました。品詞は名詞or接続詞です。

※動詞の用法もありますがマイナーなので取り上げません

 

whileの主な意味・用法
【名詞としての用法】
  • しばらくの間、期間(通例a whileの形で使用)
【接続詞としての用法】
  • ・~している間(期間)*進行形を伴うことが多い
  • ~だけれど(譲歩)
  • …だが、一方では~(対照)
【熟語での用法】
  • all the while: その間じゅう
  • after a while: しばらくしてから
  • for a while: しばらくの間、少しの間
  • in a while: しばらくすれば、すぐに
  • once in a while: ときどき(≒sometimes)

 

 

では、例文付きで順番に見ていきましょう。

 

【名詞】しばらくの間、期間

whileの最も中心的なイメージが「しばらくの間、期間」という意味ですね。

 

期間が長いか短いか、は文脈次第で変化します。通常a whileという形で使うことが多いです。

 

The sun went down a while ago. (太陽は少し前に沈んだ)

It’s been a while. (やあ、しばらくでしたね)

≒It’s been a while since I last saw you.の省略 (最後にあなたにお会いしてから、しばらくの期間がありましたね)

 

【接続詞】~している間、~だけれど、一方では~

whileの核となるイメージは「~する間、期間」であることは、名詞の用法の説明で述べました。

 

接続詞whileの用法も、「~する間、期間」のイメージの延長線上で理解できます。そのためには、右手と左手をイメージしてください。

 

「右手で〇〇する間、左手でXXする」が、接続詞whileのイメージです。片方の手で何かをしている間に、もう片方の手で別の何かが進行している。そんなイメージです。

 

具体的に見ていきましょう。

 

~している間

まずは「~している間」という訳から。

 

He came while I was talking on the phone.

(わたしが電話で話している間、彼は来た)

 

先ほどの「右手~、左手~」のたとえ話を使って説明します。

 

「わたしが電話で話している」という出来事が右手で発生しているわけですよ。

その一方、「彼が家に来た」という出来事が左手で発生しているわけですね。

 

右手で何か出来事が発生している間、左手で別の出来事が発生している。まさにwhileの出番です。特定の出来事がある程度の長さ・期間を持って進行する状態を描写するので、while内の動詞は進行形(-ing形)となることが多いです。(あるいは状態動詞がきます)

 

なお、右手と左手の出来事の主語が同じ場合(while節内の主語、主節の主語が一致している場合)、whileの主語+be動詞は省略することが可能です。これは、接続詞の用法全てに共通します。

 

I had a traffic accident while I was walking on the street.

= I had a traffic accident while walking on the street.

(わたしが道を歩いている間、わたしは交通事故に遭った)

 

I had~とwhile I was~の主語がどちらもIですね。その結果、while内のIとwasが省略されています。

 

~だけれど(譲歩)

whileには「~だけれど」と譲歩の意味もあります。

 

右手では〇〇と思っているけれど、左ではXXと思っている。一方はこうだけどもう一方はこう。基本的な発想は、「~している間」の時と変わりません。

 

While I don’t like him, his works are really great. (わたしは彼のことが好きではないけれど、彼の作品は本当に素晴らしい)

 

片方では「あいつ好きじゃない」という感情があるけれど、もう片方では「あいつの作品は素晴らしい」と認めざるを得ない。そんな文ですね。

 

なお、この用法の時は、通例whileを前に出して使用します。(While~, …という形。…, while~という形はあまりない)

 

…だが、一方では~(対照)

whileには「…だが、一方では~」という対照の意味もあります。

 

これまでと同じ発想ですね。片方では〇〇という事実があるけれど、もう片方ではXXという事実もある。そんな発想です。

 

Some countries are rich, while others are poor. (ある国々は豊かだが、一方では貧しい国々もある)

 

【熟語】all the while, after a whileなど

次は熟語です。単語レベルに分解していけば、なぜその意味になるのか?がつかみやすくなります。

 

whileの最もコアなイメージが「~する間、期間」であることを思い出し、順番に見ていきましょう。

 

all the while: その間じゅう

all the whileで「その間じゅう」の意味になります。副詞として機能します。(接続詞的に用いられることもアリ)

 

all「ずっと」、the while「その期間、その間」と考えれば、「その間じゅう」という意味になりますね。

 

All the while I pretended not to understand. (その間じゅう、わたしはわからないふりをしていた)

 

He hurriedly finished his breakfast, all the while looking forward to the day’s work. (彼は急いで朝食を済ませたが、その間じゅうその日の仕事を楽しみにしていた)

 

after a while: しばらくしてから

after a whileで「しばらくしてから」の意味になります。副詞として機能します。

 

after「~のあとで」、a while「ある期間」と考えれば、「ある期間のあとで→しばらくしてから」という意味になりますね。

 

After a while spring will come. (しばらくすれば春は来る)

 

for a while: しばらくの間、少しの間

for a whileで「しばらくの間、少しの間」の意味になります。副詞として機能します。

 

for「~の間」、a while「ある期間」と考えれば、「ある期間の間→しばらくの間、少しの間」という意味になりますね。whileの期間の長さは文脈次第なんですね。長ければ「しばらくの間」ですし、短ければ「少しの間」になります。

 

I thought I couldn’t see you for a while. (わたしはあなたにしばらくの間会えないと思っていた)

 

Would you mind holding for a while? (少々お待ちいただけますか?)

 

in a while: しばらくすれば、すぐに

in a whileで「しばらくすれば、すぐに」の意味になります。副詞として機能します。

 

in「~後に」、a while「ある期間」と考えれば、「ある期間の後に→しばらくすれば、すぐに」という意味になりますね。whileを長い期間と捉えれば「しばらくすれば」、短い期間と捉えれば「すぐに」となります。

 

In a while, a gentleman came by. (しばらくして、一人の紳士が近くにやって来た)

 

I will get there in a while. (わたしはすぐにそこへ行きます)

 

once in a while: ときどき(≒sometimes)

once in a whileで「ときどき」の意味になります。副詞として機能します。

 

once「一度」、in a while「ある期間内に」と考えれば、「ある期間に一度→ときどき」という意味になりますね。同様の表現として、sometimesやnow and thenがあります。

 

We helped our parents once in a while. (ときどき、わたしたちは両親を手助けすることもあった)

 

Once in a while, you have to take a risk in life. (ときとして、人生ではリスクを冒さねばならぬ時もある)

 

おわりに

いかがでしたか?一見バラバラに見える表現も、一つ一つイメージをつかんでいけば、案外暗記が簡単なものです。理解したらあとはひたすら音読をして、理解→定着させてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 基本単語 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>whileの意味・用法まとめ […]