【what慣用表現】I am what I amの意味【what S be】

英文法

こんにちは、今回は慣用表現 what S beの紹介です。そのほかにも似たような慣用表現を一緒に紹介したいと思います。

 

what S be, what we call A他

what S beで「Sの状況/Sの姿」という意味になります。what S beは関係代名詞whatのカタマリです。直訳すると「Sがいる/あるコト」

 

例文で見てみましょう。

I cannot imagine what he will be.

(わたしは、彼が将来どのような姿になるか想像できない)

 

what he will beは、「彼の将来の状況(=彼が将来あるコト)」ですね。つまり、彼が将来どんな男になるのか? サラリーマンか、プロ野球選手か、はたまたユーチューバーか。それを想像できないね、という話をしているわけです。

 

あと、I am what I amという歌もありますね。これは「わたしはわたし」くらいの訳になるでしょう。

 

 

時制や主語次第で様々な訳になりますが、「Sの状況/Sの姿」というコアなイメージは変わりません。参考までに下記にまとめておきます。

 

what S beまとめ
  • what I am: 今のわたし(の姿)
  • what Tokyo is: 今の東京(の状況)

 

  • what I was: 昔のわたし(の姿)
  • what I used to be: かつてのわたし(の姿)
  • what Tokyo was: 昔の東京(の状況)
  • what Tokyo used to be: かつての東京(の状況)

 

  • what I will be: 将来のわたし(の姿)
  • what Tokyo will be: 将来の東京(の状況)

 

  • what I should be: あるべきわたし(の姿)
  • what Tokyo should be: あるべき東京(の状況)

 

  • what I seem to be: みかけのわたし(の姿)
  • what Tokyo seems to be: みかけの東京(の状況)

上記は全て主語の入れ替えOKです。what he wasとか、what the world should beもOKということです。

 

 

一方、下記は主語をいじることの出来ない表現です。

ポイント
  • what we call A: いわゆるA(=直訳:我々がAと呼ぶコト)
  • what is called A: いわゆるA(=直訳:Aと呼ばれているコト)
  • (例)He is what we call a man of culture. (彼はいわゆる教養人というやつだ)

 

  • what be worse: さらに悪いことには(文中に挿入して使用)
  • (例)We got lost, and what was worse, it began to snow. (我々は道に迷い、さらに悪いことには、雪が降り始めた)

 

  • what is more: おまけに、そのうえ(文中に挿入して使用)
  • (例)He is smart, and what is more, he is handsome. (彼は頭がよく、そのうえハンサムだ)

 

おわりに

いかがでしたか? 今回の表現を覚えると、こんなカッコイイことも言えます。太宰治の小説にある一節です。

 

He is not what he was. (彼は昔の彼ならず)

 

興味があったらぜひ読んでみてくださいね。(リンクはアマゾンの青空文庫なので無料です)

『彼は昔の彼ならず』(太宰治)

 

それではまたお会いしましょう!


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント