【what慣用表現】I am what I amの意味【what S be】

英文法

 

こんにちは、今回は慣用表現 what S beの紹介です。そのほかにも似たような慣用表現を一緒に紹介したいと思います。

 

what S be, what we call A他

what S beで「Sの状況/Sの姿」という意味になります。what S beは関係代名詞whatのカタマリです。直訳すると「Sがいる/あるコト」

 

例文で見てみましょう。

I cannot imagine what he will be.

(わたしは、彼が将来どのような姿になるか想像できない)

 

what he will beは、「彼の将来の状況(=彼が将来あるコト)」ですね。つまり、彼が将来どんな男になるのか? サラリーマンか、プロ野球選手か、はたまたユーチューバーか。それを想像できないね、という話をしているわけです。

 

あと、I am what I amという歌もありますね。これは「わたしはわたし」くらいの訳になるでしょう。

 

 

時制や主語次第で様々な訳になりますが、「Sの状況/Sの姿」というコアなイメージは変わりません。参考までに下記にまとめておきます。

 

what S beまとめ
  • what I am: 今のわたし(の姿)
  • what Tokyo is: 今の東京(の状況)

 

  • what I was: 昔のわたし(の姿)
  • what I used to be: かつてのわたし(の姿)
  • what Tokyo was: 昔の東京(の状況)
  • what Tokyo used to be: かつての東京(の状況)

 

  • what I will be: 将来のわたし(の姿)
  • what Tokyo will be: 将来の東京(の状況)

 

  • what I should be: あるべきわたし(の姿)
  • what Tokyo should be: あるべき東京(の状況)

 

  • what I seem to be: みかけのわたし(の姿)
  • what Tokyo seems to be: みかけの東京(の状況)

上記は全て主語の入れ替えOKです。what he wasとか、what the world should beもOKということです。

 

 

一方、下記は主語をいじることの出来ない表現です。

ポイント
  • what we call A: いわゆるA(=直訳:我々がAと呼ぶコト)
  • what is called A: いわゆるA(=直訳:Aと呼ばれているコト)
  • (例)He is what we call a man of culture. (彼はいわゆる教養人というやつだ)

 

  • what be worse: さらに悪いことには(文中に挿入して使用)
  • (例)We got lost, and what was worse, it began to snow. (我々は道に迷い、さらに悪いことには、雪が降り始めた)

 

  • what is more: おまけに、そのうえ(文中に挿入して使用)
  • (例)He is smart, and what is more, he is handsome. (彼は頭がよく、そのうえハンサムだ)

 

おわりに

いかがでしたか? 今回の表現を覚えると、こんなカッコイイことも言えます。太宰治の小説にある一節です。

 

He is not what he was. (彼は昔の彼ならず)

 

興味があったらぜひ読んでみてくださいね。(リンクはアマゾンの青空文庫なので無料です)

『彼は昔の彼ならず』(太宰治)

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法 関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント