【サクッと理解】「時間がかかる」表現例・全5選!

基本単語

 

今回は「時間がかかる」という表現についてまとめてみました。

 

  • 時間がかかる ⇒take
  • お金がかかる ⇒cost

と紛らわしいうえに、takeの中でも何パターンか言い方があるのですね。

 

今回はそんな「時間がかかる」表現をスッキリとまとめてみました!

 

「時間がかかる」表現まとめ

「時間がかかる」という表現は下記の5パターンで表現することが出来ます。

 

 

ポイント
  • take 時間 to V: 人がVするのに時間がかかる
  • モノ take 時間 to V: モノはVするのに時間がかかる
  • Ving /to V モノ take 人 時間: モノをVするのに人に時間がかかる
  • It takes () 時間 to V / It takes 時間 (for ) to V: (人が)Vするのに時間がかかる

 

 

これだけだといまいちピンとこないと思います。例文付きで見ていきましょう!

 

例文

例文はコチラです。全て「その仕事をするのに2時間かかった」という意味になります。

 

特に、主語の違いに着目すると整理しやすいと思います。

 

 

 

まずは、

  • take 時間 to V: 人がVするのに時間がかかる
  • モノ take 時間 to V: モノはVするのに時間がかかる

から見ていきましょう。

 

人やモノを主語にして、「Vするのに〇〇時間かかった」と表現します。

He took two hours to finish the job.

(彼はその仕事を終えるのに2時間かかった)

 

The job took two hours to finish.

(その仕事を終わらせるのに2時間かかった)

 

 

次に、

  • Ving /to V モノ take 人 時間: モノをVするのに人に時間がかかる

です。

 

Vingやto V モノを主語にして、後ろに人と時間がきます。どちらかといえばVingの方が普通です。

Finishing the job took him two hours.

To finish the job took him two hours.

(その仕事を終えるのに彼に2時間かかった)

 

 

 

最後に、

  • It takes () 時間 to V / It takes 時間 (for to V: (人が)Vするのに時間がかかる

です。

 

Itを主語にして、後ろに人 時間 to Vを持ってきます。なお、人は意味上の主語for 人の形で表現することも出来ます。

It took him two hours to finish the job.

It took two hours for him to finish the job.

(その仕事を終えるのに彼に2時間かかった)

 

 

なお、意味上の主語などについては、下記に詳しくまとめてあります。よろしければぜひお読みくださいね。

【不定詞と動名詞】to VとVingの否定not/意味上の主語/過去への時制のずらし方まとめ

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲します。

 

特に、主語の違いに注目しましょう。グッと頭に残りやすくなっているはずです。

 

ポイント
  • take 時間 to V: 人がVするのに時間がかかる
  • モノ take 時間 to V: モノはVするのに時間がかかる
  • Ving /to V モノ take 人 時間: モノをVするのに人に時間がかかる
  • It takes () 時間 to V / It takes 時間 (for ) to V: (人が)Vするのに時間がかかる

 

 

なお、今回の記事の作成に当たっては、

を確認させて頂きました。

 

 

個人的な感想ですが、ジーニアス英和辞典 第5版が一番よくまとまっていてわかりやすかったと思います。(takeに限らず、様々な項目を調べる際、ジーニアス英和辞典 第5版が一番わかりやすい&納得のいく説明が載っている気がします)

 

 

もしお持ちでない方は、3000円くらいで買えますので、試しに購入してみると良いと思います。(高校生レベル~大人レベルまで、ほぼ一生使えてこの値段は凄いです)たぶんジーニアスジャンキーになります笑

 

なお、辞書については下記の記事でさらに詳しく比較しているので、よければ併せてお読みくださいね。

【2020年版レベル別】英語オススメ辞書13選!

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント