【イメージで理解】How soonとHow earlyの違いとは?

基本単語

 

今回はHow soonとHow earlyの違いについてご説明したいと思います。

 

「あとどれくらいで」「どのくらい早く」と、訳が非常に似通っているので紛らわしい表現です。

 

イメージで捉えると一発で理解できるので、これを機会に知識を整理してみましょう!

 

 

※今回の記事は動画でも死ぬほどわかりやすく解説しています!

【偏差値50レベル】How soonとHow earlyの違いとは【知らないとヤバい】

 

soonは幅の短さ、earlyは点の近さ

まずは、下記のまとめを見てください。

 

 

ポイント
  • How soon: あとどれくらいで(=幅を尋ねるイメージ
  • How early: どれくらい早く(=点を打つイメージ、具体的な時間表現とセットが基本

 

 

soonは「現在からの時間の近さを幅で示す表現」、

earlyは「ある期間内の早さを点で示す表現」です。

 

イメージは下記の通りです。

 

 

earlyは、ある期間内の早さを点で表現する関係上、具体的な時間を示す表現がセットになりやすいのが特徴です。点を打つためには、基準となる他の時間軸が必要ですからね。(でないと「どのくらい早いのか?」がぼやけてしまいます)

 

 

コチラが例文です。

How soon will you leave for Tokyo?

(あとどれくらいで東京へ出発する?)

 

How early in the morning do you usually get up?

(あなたはたいてい、どのくらい朝早くに起きている?)

 

 

また、参考までにearlyとsoonの表現をいくつか列挙しておきます。「soon: ある時点からの近さの幅」「early: ある期間内の早さ」のイメージで捉えてくださいね。

<soon>

See you soon. (またね = すぐにお会いしましょうね)

He arrived sooner than his sister. (彼は、彼の妹よりも早く到着した)

I’ll leave for Tokyo as soon as possible. (東京に向けて、できるだけ早く出発するよ)

 

<early>

an early bus: 早朝のバス

at an early stage: 早い段階で

the early days of his life: 彼の人生の初期

 

 

イメージで捉えると、英語をぐっと本質的に理解できますね!

 

英語 (語学)を学ぶ際は、「イメージと理屈」の両方を大切にしてくださいね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語基本表現・語源疑問詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント