【違いがわかる?】make the most of / make the best ofの意味

比較

 

今回はmake the most of / make the best ofの違いを説明してみたいと思います。

 

かなり似通っている表現ですが、実はハッキリとした違いがあるのですね。

 

一体何が違うのか? 一緒に見ていきましょう!

 

make the most ofとmake the best ofの意味の違い

make the most ofとmake the best ofの意味の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • make the most of~: (有利な機会や条件などを)~を最大限に生かす、うまく活用する
  • make the best of~: (不利な機会や条件などを)~を最大限に利用する、なんとかうまく切り抜ける

 

ポイントは、

mostが「有利な機会や条件などを

bestが「不利な機会や条件などをという点ですね。

 

 

どうしてこんな違いが出るの?

 

 

これは単語レベルに分解してもある程度納得できます。

 

 

mostは最上級表現なので、「最大限利用する」

コレはそのままですね。

 

 

一方のbestは、「ベストを尽くす、最善を尽くす」などと言うように、

条件がどうであろうと最大限がんばる、という意味合いで使われたりしますよね。

 

そのため、make the best ofは「(条件がどうであれ不利な条件や機会を)最大限利用する」という意味になるのですね。

 

 

なるほど!

 

 

では、最後にそれぞれの例文を載せておきます。

You have to make the most of you opportunity.

(君は、君の機会を最大限活用しなければいけないよ)

 

They made the best of their small income.

(彼らは、彼らの少ない収入を最大限利用した)

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・【違いがわかる?】make the most of / make the best ofの意味 […]