【イメージでわかる】accountの様々な意味を一発で覚える!

基本単語

 

今回はaccountという単語の意味をまとめてみたいと思います。

 

実はコレ、一見全く違う意味を持つ単語なので暗記に苦労するのですが、あるイメージを押さえればバシッと理解可能です。

 

一体どのようなイメージなのか? 早速見ていきましょう!

 

accountの意味・イメージまとめ

accountの意味・イメージまとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
<動詞>
  • account for~: ~を占める
  • account for~: ~の説明をする
  • account for~: ~の原因となる

 

<名詞>

  • account: 口座
  • account: 報告書
  • account: 請求書、勘定書
  • account: 説明

 

<定型表現>

  • on account of~: ~のために、~が理由で
  • on no account: どんな理由があろうと~ない
  • on one’s own account: 独力で
  • take O into account: Oを考慮に入れる

 

 

accountという単語に共通するイメージは、「円グラフの内訳を数える」です。

円グラフのイラスト

 

accountは、

  • ac: ~へ、~に
  • count: 数える、カウントする

が語源になっています。

 

つまり、何かに対して、「1、2、3…」と数え上げていくイメージがaccountにはあるのです。

 

※ちなみに、あまり関係ないですが円グラフのことをpie chartと言います。アップルパイなどのように丸いですよね

 

 

この円グラフの中身を数えるというイメージを元に、様々な意味・用法を具体的に確認していきましょう!

 

動詞

まずは動詞表現からです。

 

account for~の形で使われることが多く、今回は全てaccount forの形を紹介していきたいと思います。

 

~を占める

「~を占める」です。

 

グラフの内訳を数え、ある要素がどのくらいあるのかがわかれば、「~を占める」という意味になりますね。

Women account for 56% of the member.

(女性がその境界の56%を占めている)

 

The new product accounts for 15% of our sales.

(その新製品が我々の売り上げの15%を占めている)

 

~の説明をする

「~の説明をする」です。

 

グラフの内訳を数えていったら、何かを説明することにもつながりますよね。

How do you account for your success?

(どのようにしてあなたはあなたの成功を説明しますか?)

 

The data accounts for his popularity.

(そのデータは、彼の人気を説明している =彼の人気の理由を説明している)

 

There is no accounting for taste.

(蓼食う虫も好き好き =味の好みを説明することは出来ない)

※ There is no Ving: Vできない

 

 

 

なお、explainとの意味の違いは下記の通りです。

  • explain: 言葉を使って説明する
  • account for: 理路整然と説明する

 

He explained the situation to me.

(彼は状況を私に説明した)

 

~の原因となる

「~の原因となる」です。

 

グラフの一部分を占めているということは、それがある出来事の原因になっていることにもなります。

 

Depression accounts for the high suicide rate.

(不景気が高い自殺率の原因となっている)

 

This accounts for the accident.

(このことはその事故の原因となっている)

 

The heavy snow accounted for the closing of school.

(たくさん雪が降ったことが、休校の原因となった)

 

名詞

次に名詞を見ていきましょう。

 

これは動詞と似た発想で理解できるので、一気に確認していきましょう。

 

  • 口座:自分の財産の円グラフの中身を数えるイメージ
  • 報告書:円グラフの中の原因となった事象をまとめるイメージ
  • 請求書、勘定書:相手に対しお金を求める内訳のイメージ(account bookで出納簿、会計簿)
  • 説明:円グラフの内容を用いて、相手に何かを説明するイメージ

 

定型表現

最後に定型表現です。やはりこれも今までの延長線上のイメージで捉えられます。

 

 

「on account of~: ~のために、~が理由で」です。内訳に原因を求めるイメージです。

He was fired on account of his rule violation.

(ルール違反のため、彼は解雇された)

 

 

「on no account: どんな理由があろうと~ない」です。accountの「原因」という意味がnoで否定されています。なお、notと同じ位置で使うことが多いです。

You must on no account go there.

(どんな理由があろうと、君はそこへ行ってはいけない)

 

 

「on one’s own account: 独力で」です。物事の説明を自分自身に求めるイメージです。

He started a business on his own account.

(彼は独力でビジネスを始めた)

 

 

「take O into account: Oを考慮に入れる」です。何かを撃ち訳の中に入れるイメージです。

You have to take his ability into account.

(君は彼の能力を考慮すべきだ)

 

You have to take into account his ability to talk with people.

(君は彼の人と話す能力を考慮すべきだ)

※  Oの部分 (上の例文ではhis ability~people)が長いと、take into account Oの語順になることがある。今回の表現だけでなく、英語は長い部分が後ろに行きやすい点に注意

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲します。

 

ポイント
<動詞>
  • account for~: ~を占める
  • account for~: ~の説明をする
  • account for~: ~の原因となる

 

<名詞>

  • account: 口座
  • account: 報告書
  • account: 請求書、勘定書
  • account: 説明

 

<定型表現>

  • on account of~: ~のために、~が理由で
  • on no account: どんな理由があろうと~ない
  • on one’s own account: 独力で
  • take O into account: Oを考慮に入れる

 

 

★accountという単語に共通するイメージは、「円グラフの内訳を数える」

円グラフのイラスト

 

 

なお、今回の記事の作成に当たっては、

を確認させて頂きました。

 

 

個人的な感想ですが、ジーニアス英和辞典 第5版が一番よくまとまっていてわかりやすかったと思います。(takeに限らず、様々な項目を調べる際、ジーニアス英和辞典 第5版が一番わかりやすい&納得のいく説明が載っている気がします)

 

 

もしお持ちでない方は、3000円くらいで買えますので、試しに購入してみると良いと思います。(高校生レベル~大人レベルまで、ほぼ一生使えてこの値段は凄いです)たぶんジーニアスジャンキーになります笑

 

なお、辞書については下記の記事でさらに詳しく比較しているので、よければ併せてお読みくださいね。

【2020年版レベル別】英語オススメ辞書13選!

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント