【決定版】「似ている/同じ」表現・使い方まとめ【the sameとなる理由】

名詞

 

今回は「似ている」「同じ」という表現をまとめたいと思います。

 

類似表現がたくさんあって紛らわしいです。(「似ている」という表現なだけに…

 

へえ

 

 

まとめてチェックしてみてくださいね!

 

「似ている/同じ」 表現まとめ

まずは全体像をチェックしてみましょう。品詞に注目してくださいね。

 

ポイント

<似ている>

  • alike: 似ている形容詞 / 叙述用法でのみ使用)
  • like: ~に似た、~のように (前置詞)
  • likewise: 同じく、同様に副詞
  • similar: よく似た、類似した (形容詞)

 

<同じ>

  • same: 同じの、同一の (形容詞, 代名詞, 副詞 / theをつけて使用)
  • identical: 同一の (形容詞 / theをつけて使用)

 

 

よくわからない…

 

 

例文付きで一つずつ見ていきましょう。

 

「似ている」系の表現例文

まずは「似ている」系の表現の例文からです。

 

alike: 似ている

「alike: 似ている」です。形容詞で、叙述用法でのみ使用します。

 

叙述用法ってなに?

 

ざっくり言うと、叙述用法とは動詞の後ろで使われるパターンのことです。be動詞の後ろで使われることが圧倒的に多いです。後ろから主語を修飾 (=説明)します。

 

叙述用法については下記の記事で詳しく説明しているので、気になる方はそちらでチェックしてくださいね。

【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法

 

 

例文はコチラです。alikeが全て動詞の後ろにきている点に注目してくださいね。

The patterns are alike.

(そのパターンは似ている)

 

They look so alike.

(彼らはとてもよく似て見える)

 

like: ~に似た、~のように

「like: ~に似た、~のように」です。前置詞なので、直後には名詞がきます。(「前置詞+名詞」というのは、鉄板の組み合わせです)

 

例文はコチラです。

That sounds like a good idea.

(それは良いアイデアのように思われる)

 

Her eyes are very much like yours.

(彼女の目はあなたのものと、とてもよく似ている)

 

I will anything in cases like this.

(このような場合、わたしはなんでもするつもりです)

 

 

なお、likeは「~のように」という意味で、後ろにSVがくることもあります。(この場合は接続詞として分類されます)

I love him like I said.

(わたしが言ったように、わたしは彼が好きだ)

 

likewise: 同じく、同様に

「likewise: 同じく、同様に」です。副詞なので、文末や文頭で使われることが多いです。

 

例文はコチラです。

He hated her, and she hated him likewise.

(彼は彼女を嫌っていた。そして、彼女も同様に彼を嫌っていた)

 

Likewise, people in the city did not know the fact.

(同様に、その街の人々もその事実を知らなかった)

 

similar: よく似た、類似した

「similar: よく似た、類似した」です。

 

形容詞ですが、使い方にやや注意が必要です。

  • 限定用法 (=前から名詞を修飾) /叙述用法 (=後ろから名詞を修飾)どちらもOK
  • 叙述用法の場合は、「similar to~: ~に似ている」という使い方が基本

 

 

上記の使用法を、例文で確認してくださいね。

We have similar tastes in music.

(わたしたちは、音楽において似ている嗜好を持っている)

 

I saw a car similar to mine.

(わたしは、わたしのものと似ているを見た)

 

This car is similar in size to that one.

(この車は、サイズにおいてあの車似ている)

 

「同じ」系の例文

次に「同じ」系の例文です。sameとidenticalがあります。

 

基本的にはtheとセットで使用されるのがポイントです。

  • same: 限定用法 / 叙述用法どちらでもthe使用
  • identical: 限定用法ではthe使用叙述用法ではthe不使用

 

どうしてtheを使うの?

 

 

既に出てきたものに対してtheを使う、というルールは聞いたことがあると思います。”I bought a pen. The pen is~”のような形ですね。

 

 

 

つまり、theというのは、「同じモノを指すときに使われる表現なのです。

 

 

sameやidenticalは「同じ」という意味を持つので、自然とtheが付きやすくなるわけですね。(identicalの叙述用法ではtheが付きませんが)

 

 

 

なお、sameよりもidenticalの方が「同じ」の度合いは強いです。

  • same: 種類・外見・量などの面で同じ
  • identical: 細部まで同じ

 

これは、identの部分が「同じ」という語源を持つためです。「IDカード」と同じ語源です。IDカードは「カードの持ち主  カードの詳細情報」ということを示すためのモノですよね。

 

 

コチラが例文です。

 

まずはsameからです。

<形容詞>

His car and mine are the same.

(彼とわたしの車は同じだ)

 

His car is the same as mine.

(彼の車はわたしのものと同じだ)

 

On the same night, she left her home.

(同じ夜に、彼女は家を出た)

 

<代名詞>

Give me the same, please.

(わたしにも同じものをください)

 

<副詞>

She speaks the same as his father.

(彼女は、父と同じように話す)

 

identicalです。

This is the identical car I saw yesterday.

(これは、わたしが昨日見たのと同じ車だ)

 

They are identical to one another in size.

(それらは、サイズにおいて互いに同じだ)

 

おわりに

いかがでしたか? これらは紛らわしいので試験で頻出のポイントです。

 

ぜひぜひ、しっかり押さえてマスターしてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント