【alreadyとyetの違い】alreadyは疑問文/否定文でも使用可能!【意味用法まとめ】

基本単語

 

今回はalreadyとyetの違いについてまとめてみたいと思います。

 

alreadyには驚きの用法もあるので、要注目ですよ!

 

alreadyとyetの違いまとめ

alreadyとyetの違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • already: すでに (肯定文での使用が基本)

⇒yesの答えを期待したり、驚きを示すときには疑問文や否定文でもalreadyを使用することがある

  • yet: もう (疑問文)、まだ (否定文)

 

already: すでに(肯定文、疑問文、否定文)

「already: すでに」は肯定文での使用が基本です。

 

He has already arrived there.

(彼は既にそこへ到着している)

 

 

一方、疑問文や否定文でもalreadyが使用されることもあります。

 

それは、

  • yesの答えを期待している場合
  • 驚きを示す場合

です。

 

どうして?

alreadyの根底には、肯定のニュアンスが流れているからです。

 

 

疑問でalreadyを使えば、「肯定=yes」の答えを期待することになりますよね。

 

また、否定文でalreadyを使えば、「yesだと思ってたのに否定文ってマジ?」という驚きを示すことになりますよね。

 

 

alreadyに流れる肯定のニュアンスに注目しつつ、次の疑問文と否定文を見てくださいね。

Have you already spent all the money?

(君はもう全てのお金を使っちゃったの?)

 

He hasn’t come already, has he?

(彼はまだ来ていないよね?)

 

yet: もう (疑問文)、まだ (否定文)

疑問文だと「yet: もう」、否定文だと「yet: まだ」という意味になります。

 

例文はコチラです。

“Has he come yet?”

(もう彼は来ましたか?)

 

“No, hasn’t come yet.”

(まだ彼は来ていません)

 

おわりに

特にalreadyは要注意ですが、根底に流れるイメージを理解出来れば、問題なく暗記できますね!

 

質問等あればコメント欄までお願いいたします。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント