【全パターン網羅】”前置詞 that SV”となる表現【in that/except that/save that他】

前置詞

 

“前置詞 that SV”となる表現をまとめてみました。

 

“that SV(thatが接続詞)”は原則前置詞の後ろにくることが出来ないのですが、

例外的にOKなパターンがいくつか存在するのですね。

 

今回はこのパターンを一気に網羅してしまいましょう! 3分弱で読めますよ!

 

“前置詞 that SV”のパターンまとめ

“前置詞 that SV”のパターンは下記の通りです。

 

ポイント
  • except that SV: SVということを除いて※
  • in that SV: SVという点で

※ saveのほか、butやbesides、beyondが使われることもあります。

 

 

例文はコチラです。

 

まずはexcept that SVです。

I like him except that he is lazy.

= I like him save that he is lazy.

(彼が怠惰であることを除き、わたしは彼のことが好きだ)

 

次にin that SVです。

I like him in that he is diligent.

(彼が勤勉であるという点で、わたしは彼のことが好きだ)

 

 

数が少ないので、一気に覚えてしまいましょうね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 的にOKなパターンもあります。”前置詞 that SV”のパターンについてはコチラの記事:【全パターン網羅】”前置詞 that SV”となる表現【in that/except that/save that他】にまとめてみました。) […]