【豆知識】関係代名詞で「~, that」や「前置詞+that」がダメな理由とは?

英文法

 

今回は関係代名詞thatの豆知識をまとめてみました。

 

関係代名詞thatは、「~, that」や「前置詞+that」という形で使ってはいけないのですが、それにはちゃんとした理由があります。

 

それはいったいどのような理由なのか? サクッと確認してみましょう!

 

「~, that」や「前置詞+that」がダメな理由

「~, that」や「前置詞+that」がダメな理由は、ズバリ下記の通りです。

 

ポイント
  • thatは先行詞との結びつきが強く、間に何か別のモノが入るのを嫌うため

 

 

 

 

例えば下記のような例文を見てください。先行詞(直前の修飾する名詞)が強い意味を持つ場合は、whoやwhichではなく、thatが使われやすい傾向にあります。

The only country that I love is Japan.

(私が愛する唯一の国は、日本です)

 

The only girl that I love is Mary.

(私が愛する唯一の女の子は、メアリーです)

 

※赤字は先行詞です。強い意味を含む点に注目です

 

 

thatはth-というアルファベットを含みますよね。

 

th-はthis, these, thoseなどのように、「特定の何かを指す」ときに使われる単語に含まれています。

 

 

特定の何かを指しているので、先行詞とのつながりを強く感じさせるのです。そのため、先行詞が強い意味を持つとき、thatが好まれるのです。

※関係代名詞thatをあえて使った方が良いパターンというのがいくつか存在します。詳しくは下記の記事をご覧くださいね。一瞬で理解できます。

【決定版】関係代名詞thatが好まれるパターン4選

 

 

 

これは逆に言えば、thatは先行詞との結びつきが非常に強いということです。そのため、thatは先行詞との間に何かが挟まれることを非常に嫌がるのですね。

 

 

従い、

  • 前置詞 + that
  • ~, that

といった形は通常NGとなるのですね。

 

 

例文で見てみましょう。thatが使われていない点に注目です。

This is the house in which I used to live.

(これは、わたしがかつて住んでいた家だ)

 

This is the house, which I love.

(これは家だが、わたしはその家が大好きだ)

※関係代名詞の前にカンマがあるパターンは「非制限用法」と言います。「なにそれ?」という方は、下記の記事をご覧くださいね。死ぬほどわかります。

【カンタン理解】非制限用法とは? 制限用法との意味の違い

 

おわりに

いかがでしたか?

 

丸暗記するより、理由がわかると英文法も楽しくなりますね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント