【イメージでわかる】important to/forの違い【~にとって重要】

基本単語

 

今回はimportant to/forの違いをまとめてみました。

 

どちらも「~にとって重要だ」という意味になるのですが、ニュアンスが微妙に変わってきます。

 

一体どのような違いがあるのか? イメージと一緒にサクッと確認してみましょう!

 

important to/forの違い

important to/forの違いは下記のとおりです。

 

 

ポイント

<意味の違い>

  • important to~: ~にとって重要(客観的
  • important for~: ~にとって重要(ある目的のために重要/主観的

 

<イメージの違い>

  • to: 何かに直接到達。打算などが挟まれる余地がないため客観的
  • for: 目的のイメージ。打算的イメージで主観的

 

 

一体どういうことなのか? もう少し詳しく見ていきましょう。

 

toのイメージ

toには到達のイメージが伴います。

 

たとえば、

“I went to Hokkaido. (わたしは北海道へ行った)”

という文を考えてみましょう。

 

 

これは、「わたし」が「北海道へ到達」したことを意味するのですね。

 

 

北海道へ行きつく途中で倒れたり、引き返したりはせずに、

きちんと北海道まで到着しているのです。

 

矢印の終着点に意識が向いているイメージです。

 

 

たとえば、”My family is important to me. (家族は私にとって重要だ)”という文は、「家族が重要」という事実がわたしに直接届いている感じがします。

 

とにかく有無を言わさず直接届いているので、「とにかく家族は大切なのだ」、「客観的にみて大切なのだ(あまり打算的でない感じ)」というニュアンスが生じます。

 

forのイメージ

一方、forには「~するために」という目的の意味を持つことがあります。

 

“a present for you (君のためのプレゼント)”は「君という存在を目的にしたプレゼント」というイメージですよね。

 

 

そのため、”My family is important for me. (家族は私にとって重要だ/私のために重要だ)”という文は、「家族が重要」なのは「わたしという存在のため/目的のためなのだ」という響きがあります。何か打算的な感じもします。

 

したがい、”My family is important for me.”という文はやや特殊な響きがあります。通常、家族というのは打算抜きに重要なものであるからですね。

 

 

一方、”Studying English is important for me. (英語を勉強することはわたしにとって重要だ)”は、「英語を勉強することは重要だ」という事実が「わたしという存在のため/私の存在の得になるから」というイメージでつながっていくので、それほど違和感がない文になります。

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを見てみましょう。ぐっと頭に入りやすくなっているはずです。

 

ポイント

<意味の違い>

  • important to~: ~にとって重要(客観的
  • important for~: ~にとって重要(ある目的のために重要/主観的

 

<イメージの違い>

  • to: 何かに直接到達。打算などが挟まれる余地がないため客観的
  • for: 目的のイメージ。打算的イメージで主観的

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント