【決定版】”前置詞+home”の表現まとめ

前置詞

 

今回は“前置詞+home”の表現をまとめてみたいと思います。

 

通常、”go to home”という表現は間違いで、homeは”go home”のように前置詞なしで使用されます。(副詞扱いされることが多いためです)

 

ただ、一部の表現では前置詞の直後にhomeが置かれることもあります。いったいどのような表現があるのか? サクッとまとめてみましょう!

 

“前置詞+home”の表現まとめ

“前置詞+home”の表現まとめは下記のとおりです。

 

ポイント
  1. at home: ①在宅して(この意味ではat省略可)、②国内で、③くつろいで、④なじんで
  2. away from home: ①家を離れて/家にいない
  3. close to home: ①核心をついて、②身近で

 

 

at homeが「①在宅して」の意味の場合は、atを省略しても良いです。コロナの際は小池都知事が”Stay home.”と呼びかけていましたが、海外では”Stay at home.”という標語が使われていました。

 

 

それぞれの例文は下記のとおりです。

 

まずは「at home: ①在宅して、②国内で、③くつろいで、④なじんで」です。

Stay at home.

Stay home.

(家にいて)

 

She is popular both at home and abroad.

(彼女は国内と海外の両方で人気だ)

 

I feel at home with my family.

(私は家族といると気が休まる)

 

Make yourself at home.

(くつろいでください = あなたが家にいるようにして)

 

He is quite at home with the subject.
(彼はその問題に精通している)

 

 

次に「away from home: ①家を離れて/家にいない」です。なお、少し意味は変わりますが、from homeだけの形で「家から」という意味で使われることもあります。

He has been away from home for the past ten days.

(彼はここ10日間家を離れている)

 

Work From Home.

(リモートワーク/在宅勤務 = 家から働く)

 

 

最後に「close to home: ①核心をついて、②身近で」です。

These words hit close to home.

(これらの言葉は胸にしみる)

 

Begin close to home.

(身近なところから始める)

 

おわりに

いかがでしたか? まとめて押さえておくと覚えるのが楽になりますね。

※今回取り上げたほかにも何か表現があればコメント欄にてご指摘ください。適宜追加していきます

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント