【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由【a house to letも】

準動詞

 

今回は、不定詞to Vの形で受動態の意味を表す表現をまとめてみました。

 

具体的にはbe to blameやa house to letです。

 

珍しい表現なので、ここで一気に確認してみましょう!

 

be to blame:責任がある

まずは「be to blame:責任がある」からみてみましょう。

 

He is to blame for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

blameは「~をとがめる/責める」という意味の他動詞です。

 

つまり、厳密に言えば、blameの部分は「責められるべきだ」と受動態の形になるハズです。

He is to blame for the accident.

⇒He is to be blamed for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

ただ、

  • be to be blamedが長い
  • to blameが「責任がある」という形容詞のように感じられる

ことから、be to blameが定着したと考えられています。

 

a house to let: 貸家

「a house to let: 貸家」も同様の表現です。

 

letは「~を貸す」という意味の他動詞なので、a house to be let (≒貸されるための家)となるハズです。

(to Vのカタマリが形容詞として、直前の名詞a houseを修飾しています)

 

 

これもto be letとしても良いのですが、やはり慣用的にto letでつないでもOKということになっています。

This is a house to let.

⇒This is a house to be let.

(これは貸家です)

 

まとめ

以下、まとめです。

 

ポイント
  • be to blame / be to be blamed: 責任がある
  • a house to let / a house to be let: 貸家

 

 

以上、目からウロコの豆知識でした。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]

  2. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]