【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由【a house to letも】

準動詞

 

今回は、不定詞to Vの形で受動態の意味を表す表現をまとめてみました。

 

具体的にはbe to blameやa house to letです。

 

珍しい表現なので、ここで一気に確認してみましょう!

 

be to blame:責任がある

まずは「be to blame:責任がある」からみてみましょう。

 

He is to blame for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

blameは「~をとがめる/責める」という意味の他動詞です。

 

つまり、厳密に言えば、blameの部分は「責められるべきだ」と受動態の形になるハズです。

He is to blame for the accident.

⇒He is to be blamed for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

ただ、

  • be to be blamedが長い
  • to blameが「責任がある」という形容詞のように感じられる

ことから、be to blameが定着したと考えられています。

 

a house to let: 貸家

「a house to let: 貸家」も同様の表現です。

 

letは「~を貸す」という意味の他動詞なので、a house to be let (≒貸されるための家)となるハズです。

(to Vのカタマリが形容詞として、直前の名詞a houseを修飾しています)

 

 

これもto be letとしても良いのですが、やはり慣用的にto letでつないでもOKということになっています。

This is a house to let.

⇒This is a house to be let.

(これは貸家です)

 

まとめ

以下、まとめです。

 

ポイント
  • be to blame / be to be blamed: 責任がある
  • a house to let / a house to be let: 貸家

 

 

以上、目からウロコの豆知識でした。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]

  2. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]