【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由【a house to letも】

準動詞

 

今回は、不定詞to Vの形で受動態の意味を表す表現をまとめてみました。

 

具体的にはbe to blameやa house to letです。

 

珍しい表現なので、ここで一気に確認してみましょう!

 

be to blame:責任がある

まずは「be to blame:責任がある」からみてみましょう。

 

He is to blame for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

blameは「~をとがめる/責める」という意味の他動詞です。

 

つまり、厳密に言えば、blameの部分は「責められるべきだ」と受動態の形になるハズです。

He is to blame for the accident.

⇒He is to be blamed for the accident.

(彼はその事故に責任がある)

 

 

ただ、

  • be to be blamedが長い
  • to blameが「責任がある」という形容詞のように感じられる

ことから、be to blameが定着したと考えられています。

 

a house to let: 貸家

「a house to let: 貸家」も同様の表現です。

 

letは「~を貸す」という意味の他動詞なので、a house to be let (≒貸されるための家)となるハズです。

(to Vのカタマリが形容詞として、直前の名詞a houseを修飾しています)

 

 

これもto be letとしても良いのですが、やはり慣用的にto letでつないでもOKということになっています。

This is a house to let.

⇒This is a house to be let.

(これは貸家です)

 

まとめ

以下、まとめです。

 

ポイント
  • be to blame / be to be blamed: 責任がある
  • a house to let / a house to be let: 貸家

 

 

以上、目からウロコの豆知識でした。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]

  2. […] 【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由 […]