【前置詞でわかる】listen to/ listen forの意味の違いとは【イメージ理解】

前置詞

 

突然ですが、listen toとlisten forの違いはご存知でしょうか。

 

listen toは知っている方が多いと思いますが、listen forは意外と知らない方が多いと思います。

 

実は意味に大きな違いがあるので、今回はそれをサクッと解説してみたいと思います。ポイントは前置詞です。

 

listen toとlisten forの違い

まずは結論から。listen toとlisten forの違いは下記の通りです。

 

ポイント

<意味の違い>

  • listen to~: ~を聞く、~に耳を傾ける(実際に聞く)
  • listen for~: ~に耳を澄ます、~に聞き耳を立てる (実際に聞くかは不明)
<ポイント>
  • toは到達
  • forは方向性

 

 

「~を聞く」という訳からもわかる通り、listen toは「実際に話を聞く」というところまで含む表現です。

 

一方、「~に耳を澄ます」という訳からもわかる通り、listen forは「そちらの方へ注意を向けるだけ(実際に話を聞くかはわからない)」という表現です。

 

 

 

例文はコチラです。

I listened to the radio.

(私はラジオを聴いた =実際に内容を聞いた)

 

I listened for the radio.

(私はラジオに耳を澄ました =実際に内容が聞こえたかは不明)

 

ヒミツは前置詞の違い

上記の意味の違いが生じる理由は、ズバリ前置詞のイメージの違いです。

 

 

toは「到達」というイメージを持ちます。「実際にある場所に到達する」というところまで含意するのですね。

 

一方のforは「方向性」というイメージを持ちます。「ある場所へ向かうが、そこへ実際に到達するかは不明」という含意を持つのですね。

 

 

 

例文で見てみましょう。

 

上の表現では「実際に大阪へ行ったこと」と到達を意味しますが、下の表現では「実際に大阪へ行ったかは不明。あくまで向かっただけ」という方向性を意味します。

He went to Osaka.

(彼は大阪へ行った =実際に行った)

 

He left for Osaka.

(彼は大阪へ出発した =向かっただけ。実際到達したかは不明)

 

 

to/forの違いがわかると、listen to/listen forのイメージの違いがわかりますね。

 

「聞く」という行為が、

  • to⇒「音源に到達」
  • for⇒「音源への方向性だけ」

という違いにつながっているのです。

 

 

それを理解したうえで、先ほどの例文を眺めてみるとしっくりくると思います。

I listened to the radio.

(私はラジオを聴いた =実際に内容を聞いた)

 

I listened for the radio.

(私はラジオに耳を澄ました =実際に内容が聞こえたかは不明)

 

look atとlook forの違い

ちなみに、listen toとlisten forの違いは、look atとlook forの違いと似ています。

 

atは一点を指すイメージ、forは方向性のイメージで捉えられます。

  • look at~: ~を見る(実際に見る/実際に到達)
  • look for~: ~を探す(実際に見るかは不明/方向性だけ)

 

 

例文はコチラです。

 

「look: 見る」という行為が届いている/届いていない(方向性だけ)という意味の違いに注目してください。

I looked at the dog.

(私はその犬を見た =実際に見る)

 

I am looking for the dog.

(私はその犬を探している =実際に見るかは不明)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にlisten toとlisten forの違いを再掲しておきます。グッと頭に入りやすくなっているはずです。

 

ポイント

<意味の違い>

  • listen to~: ~を聞く、~に耳を傾ける(実際に聞く)
  • listen for~: ~に耳を澄ます、~に聞き耳を立てる (実際に聞くかは不明)
<ポイント>
  • toは到達
  • forは方向性

 

 

このように、表現の細かい部分に注意を払うと、英語学習が一気に楽しくなると思います。

 

なお、前置詞等についてもっと知りたいという方は、

が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

 

また、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要です、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント