「~せざるを得ない」の英語表現【cannot help ing, cannot help but…】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

 

今回は入試でも頻出の表現

「~せざるを得ない、~せずにはいられない」

の英語表現を紹介したいと思います。

 

 

言い換え表現がややゴチャゴチャしてますが、

できるだけ整理してご紹介します。

 

 

頑張って覚えるぞ!

 

 

「~せざるを得ない」 → cannot help ing等

今回は、以下のように表現できます。

 

 

~せざるを得ない、~せずにはいられない
  • cannot help Ving

 

  • cannot help but V
  • cannot but V

註:最近では、cannot but Vはあまり使われません

 

 

 

一番目と二番目に、間をあけたのはどうして??

 

 

覚えやすさの問題ですね。

 

結構ごちゃごちゃした言い換えなので、

順序だてて覚える必要があるのです。

 

 

まず、cannot help Vingを覚えてしまい、

その後、cannot help but Vを覚える。

 

最後に、helpだけを抜いたcannot but Vを覚えると、

ちょっとは頭に入りやすくなります。

 

 

こちらが例文です。音の響きが良いので、laughを使った例文で覚えるのがオススメです。

 

I cannot help laughing at his joke.

= I cannot help but laugh at his joke.

= I cannot but laugh at his joke.

(わたしは彼のジョークに笑わずにはいられない)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

入試で頻出の表現&実際の会話や作文でも使える表現です。

これはマスターしない手はありませんね。

 

 

「どうしても覚えられない!」という方は、

先ほどの例文を狂ったように音読してみてください。

 

 

英語をマスターする最高の手段は音読です。

ぜひ、騙されたと思って音読してみてくださいね。

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント