【イメージ理解】「我慢する」bear/stand/withstand/endure/put up withの違いとは

基本単語

 

今回は「我慢する」という意味を持つ単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

bear/stand/withstand/endure/put up withなど、数が多いですが、イメージで捉えていけば大丈夫。

 

きっと違いをマスターすることが出来ますよ!

 

bear/stand/withstand/endure/put up withの意味・用法まとめ

まずはbear/stand/withstand/endure/put up with「我慢する」という意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「我慢する」各単語の違い
  • bear: ~を我慢する (グッと辛抱、書き言葉)
  • stand: ~を我慢する (グッと辛抱、話し言葉)
  • withstand: ~に耐える (外の力に抵抗)
  • endure: ~に耐える (じっと耐える)
  • put up with: ~を我慢する (仕方なく受容)

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

bear / stand

まずはbear / standです。

 

どちらも何かをグッと辛抱するイメージがあり、

bearは書き言葉、

standは話し言葉で好まれる傾向があります。

 

 

もう少し両者のイメージを比べると、

bearは重いモノにグッと耐えるイメージ、

standは逆向きの力にグッと耐えてその場に立ち続けるイメージ、

があります。

 

 

bearのイメージ図

 

standのイメージ図

 

 

例文はコチラです。グッと耐えるイメージで目を通してくださいね。

I can’t bear the thought of living alone.

I can’t stand the thought of living alone.

(わたしは一人で生きていくのに我慢できない)

 

withstand

withstandです。

 

外部からの力に抵抗するイメージの強い単語です。

 

 

というのも、withは「against: ~に対して」が語源となっているのですね。

 

  • with (=against): ~に対して
  • stand: 我慢する(グッとその場に立って辛抱する)

というイメージです。

 

 

withstandのイメージ図

 

 

例文は下記の通りです。

He withstood the temptation.

(彼は誘惑に耐えた)

 

They withstood the invaders.

(彼らは侵略者に耐えた)

 

The bridge withstood the storm.

(その橋は嵐に耐えた)

 

endure

endureです。

 

endureには、何かに長期間耐えるイメージがあります。

 

例文は下記の通りです。

He couldn’t endure her stupidity.

(彼は、彼女の愚かさに耐えられなかった)

 

He can’t endure staying home so long.

(彼は、そんなに家に長くいるのに耐えられない)

 

He had to endure the pain all night long.

(彼は、一晩中痛みに耐えなければいけなかった)

 

put up with

put up withです。

 

この単語には、

  • put up: 上に置いておく
  • with: 一緒にいる

 

という構成からもわかる通り、何かを仕方なく受容し、一緒にやっていくイメージが伴います。

 

 

put up withのイメージ図

 

 

例文はコチラです。

He can’t put up with her stupidity.

(彼は、彼女の愚かさに耐えられない)

 

We have to put up with her stupidity.

(我々は、彼女の愚かさに耐えなければいけない)

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「我慢する」各単語の違い
  • bear: ~を我慢する (グッと辛抱、書き言葉)
  • stand: ~を我慢する (グッと辛抱、話し言葉)
  • withstand: ~に耐える (外の力に抵抗)
  • endure: ~に耐える (じっと耐える)
  • put up with: ~を我慢する (仕方なく受容)

 

 

似た意味の単語も、図入りのイメージで整理すると頭に入りやすくなりますね!

 

今回はこの辺で。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント