【イメージ理解】「我慢する」bear/stand/withstand/endure/put up withの違いとは

基本単語

 

今回は「我慢する」という意味を持つ単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

bear/stand/withstand/endure/put up withなど、数が多いですが、イメージで捉えていけば大丈夫。

 

きっと違いをマスターすることが出来ますよ!

 

bear/stand/withstand/endure/put up withの意味・用法まとめ

まずはbear/stand/withstand/endure/put up with「我慢する」という意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「我慢する」各単語の違い
  • bear: ~を我慢する (グッと辛抱、書き言葉)
  • stand: ~を我慢する (グッと辛抱、話し言葉)
  • withstand: ~に耐える (外の力に抵抗)
  • endure: ~に耐える (じっと耐える)
  • put up with: ~を我慢する (仕方なく受容)

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

bear / stand

まずはbear / standです。

 

どちらも何かをグッと辛抱するイメージがあり、

bearは書き言葉、

standは話し言葉で好まれる傾向があります。

 

 

もう少し両者のイメージを比べると、

bearは重いモノにグッと耐えるイメージ、

standは逆向きの力にグッと耐えてその場に立ち続けるイメージ、

があります。

 

 

bearのイメージ図

 

standのイメージ図

 

 

例文はコチラです。グッと耐えるイメージで目を通してくださいね。

I can’t bear the thought of living alone.

I can’t stand the thought of living alone.

(わたしは一人で生きていくのに我慢できない)

 

withstand

withstandです。

 

外部からの力に抵抗するイメージの強い単語です。

 

 

というのも、withは「against: ~に対して」が語源となっているのですね。

 

  • with (=against): ~に対して
  • stand: 我慢する(グッとその場に立って辛抱する)

というイメージです。

 

 

withstandのイメージ図

 

 

例文は下記の通りです。

He withstood the temptation.

(彼は誘惑に耐えた)

 

They withstood the invaders.

(彼らは侵略者に耐えた)

 

The bridge withstood the storm.

(その橋は嵐に耐えた)

 

endure

endureです。

 

endureには、何かに長期間耐えるイメージがあります。

 

例文は下記の通りです。

He couldn’t endure her stupidity.

(彼は、彼女の愚かさに耐えられなかった)

 

He can’t endure staying home so long.

(彼は、そんなに家に長くいるのに耐えられない)

 

He had to endure the pain all night long.

(彼は、一晩中痛みに耐えなければいけなかった)

 

put up with

put up withです。

 

この単語には、

  • put up: 上に置いておく
  • with: 一緒にいる

 

という構成からもわかる通り、何かを仕方なく受容し、一緒にやっていくイメージが伴います。

 

 

put up withのイメージ図

 

 

例文はコチラです。

He can’t put up with her stupidity.

(彼は、彼女の愚かさに耐えられない)

 

We have to put up with her stupidity.

(我々は、彼女の愚かさに耐えなければいけない)

 

まとめ

いかがでしたか? 各単語の違いを改めてまとめてみましょう。

 

「我慢する」各単語の違い
  • bear: ~を我慢する (グッと辛抱、書き言葉)
  • stand: ~を我慢する (グッと辛抱、話し言葉)
  • withstand: ~に耐える (外の力に抵抗)
  • endure: ~に耐える (じっと耐える)
  • put up with: ~を我慢する (仕方なく受容)

 

 

似た意味の単語も、図入りのイメージで整理すると頭に入りやすくなりますね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント