【英字新聞に挫折したそこのアナタ】毎日英文に触れる最強のコツとは?

勉強方法

 

こんにちは、講師のNです。突然ですが、こんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

英字新聞を読みたいけど、難しい&分量が多い

 

実はコレ、筆者自身も昔に抱いていた悩みです。ある程度英語力がついてくれば英字新聞を読むのも苦ではないのですが、いきなり英字新聞にチャレンジしようとすると99%挫折します。

 

しかし、新しい英文を毎日読み、新しい単語・表現をインプットしていくことはとても重要です。英語力をつけるためには、やはりある程度場数を踏むことが大切なのですね。

 

 

そこで今回は、「どうやれば毎日&効率的に英文に触れられるのか?」をまとめてみました。5分程度で読めますが、今後の英語学習を変えられるかもしれません。(ちなみに、既に英語学習がうまくいっている方は読むの厳禁!笑)

 

英字新聞が続かない理由

そもそも、英字新聞が続かない理由は何なのでしょうか?

 

読む新聞の種類にもよりますが、大体は次の理由に集約されるのではないでしょうか。

  • 長い(毎日膨大な量がある)
  • 難しい(和訳がない&単語の意味・発音がよくわからない)
  • 1人なのでやる気が続かない

 

 

正解!

 

分量が毎日毎日膨大で、基本的には和訳はついていません(日本人の学習者用についているものもありますが)。かつ、1人なのでやる気が続かないですよね。

 

ちなみにこれ、全て過去にわたしが挫折した理由です。紆余曲折を経て、いまではそれほど苦労なく読めるようになりましたが、それでも正直、毎日読むのはダルい。面倒です。

 

 

 

そんなナマケモノでも続く方法…それは、先ほどの原因の真逆の教材を見つけることです。

 

つまりは、

  • 長い(毎日膨大な量がある)⇒短い
  • 難しい(和訳がない&単語の意味・発音がよくわからない)⇒和訳がある&単語の意味・発音がわかる
  • 1人なのでやる気が続かない⇒誰かに褒めてもらえる

ということです。

 

 

単純すぎる…

 

長く続けるには、単純なのって結構大切です。

 

そして、上記の条件を満たす教材としてわたしが全国の一億と二千万のナマケモノの皆さんにお送りしたいのが、DMM英会話です。

※テレビCMで見たことある方も多いかもしれません。

 

 

英字新聞を読みたいのに、英会話?

と思い、ページを閉じかけた方! 少しお待ちください。

 

「なぜDMM英会話が英字新聞的な役割を果たすのか?」をサクッとご説明します。

 

狙い目はデイリーニュース

DMM英会話は教材が豊富です(先ほど数えたら30種類くらいありました)。なんかそれだけで感動してしまうんですが、個人的におススメなのはデイリーニュースです。わたしがDMM英会話をする際、大体コレ一択です。

 

※クリックで拡大できます。

 

 

毎日新鮮なネタがドンドン更新されるうえに、分野別/レベル別に一発で検索できるのが超便利です。

 

ある分野を集中的に読み込むと、似たような単語が何度も出てくるので、単語も頭に入りやすいのですね。記事のレベルが一目でわかるようになっているので、英語力に自信のない方も安心です。

 

 

ひと記事あたり大体300語と短いので、サクッと手軽に読めます。

 

さらに、レベル5~6の記事であれば、全て和訳がついているのですね。これは結構デカいポイントです。

 

※クリックで拡大できます。右上のタブを押すと和訳が登場するのですね。

 

 

また、難しい単語は別途意味がまとめられている上に、講師と一緒に記事を読むことが出来るので、発音を真似することが出来るのです。音読って超重要ですので、講師と一緒に記事を読み上げるだけでも英字新聞を黙って読むより数倍効果的です。

 

※参考:記事を読む際、私がよく使う簡単な表現を載せておきます。

  • I’d like to read after you paragraph by paragraph. (あなたの後に続いて、段落ごとに読みたいです)
  • Could you read this word again? I’d like to know the pronunciation. (もう一度この単語を読んでくれませんか? 発音を知りたいのです)
  • なお、単語をクリックすると、それが講師とも共有されるので、単語の読み方がわからなくてもOKです。

 

 

 

また、これは講師にもよるのですが、大体の講師はムチャクチャこちらを持ち上げてくれます。「さすがにそれは言い過ぎでは…?」とコチラがドン引きするくらいほめたたえてくれます。

 

一回のレッスンにせいぜい200~300円しか払っていないのに、ここまで褒めてもらって良いのか…不安になるくらいマジで褒めちぎってきます。なんかレッスンが終わった後は、いつも明るい気持ちになってるんですね。

 

※コロナでリアルの会話が経ていることもあり、なおさらストレス解消になりました。

 

 

 

…とまあ、こんな風に考えると、冒頭で触れた「良い教材の条件」にDMM英会話のデイリーニュースがぴたりと当てはまることがわかります。

  • 長い(毎日膨大な量がある)⇒短い
  • 難しい(和訳がない&単語の意味・発音がよくわからない)⇒和訳がある&単語の意味・発音がわかる
  • 1人なのでやる気が続かない⇒誰かに褒めてもらえる

 

英語をしゃべるのは不安…という方も大丈夫

ただ、ここで出てくるのは、「英語をしゃべるのは不安…」という心配です。

 

 

しかしそれも大丈夫。

 

なぜなら、講師は基本的に優しいので、多少言葉に詰まっても笑って流してくれます。

 

 

わたしは出来るだけ厳しい人に当たりたいので、あえて評価が低い人を選ぶようにしているのですが、英会話に慣れるまでは、評価4.5以上のフィリピン人の先生がおすすめです。この条件を満たす先生は、大体死ぬほどやさしいです。死ぬほど甘やかしてくれます。

 

最終的には完全にその人次第ですが、不安な人は一つの傾向として、上記の目安を頭に入れておくと良いと思います。

 

 

 

また、他にはこんなツッコミも入るかもしれません。

 

ていうかそもそも、英会話をする必要ってある? 一人でデイリーニュースを読めばいいのでは?

 

 

 

ただ、実際に声に出して音読をしたり、それについて(拙くとも)誰かと話をするだけで、記憶への残り方が全然違うのですね。

 

日本語でもそうですよね。誰かと会話した内容は、強く脳に残ります。

 

英語も同じで、誰かと記事について話をすれば、その内容や、そこで使われていた単語の定着度が全く違います。もっと言うと、記事で使われていた表現を自分なりにアレンジして使うことが出来れば、たぶんその表現は一生忘れません。

 

だれかと直接コミュニケーションを取るという行為は、やはり強烈に残るものなのですね。そもそも、言語を学ぶ際、人とのコミュニケーションの中で学ぶ部分がかなり大きいはずです。

※私たちが日本語を身につけた時も、きっと誰かとのコミュニケーションが相当役に立ったはずです。

 

そういった意味でも、良質な教材を持つDMM英会話は最強の英語学習法なのですね。

 

始めるなら今日、いますぐに

いかがでしたか?

 

結構楽しそう。そのうちやってみようかな

 

とかなんとか考えているアナタ!

 

 

いますぐ始めましょう。

 

 

これはもう断言しても良いですが、時間を置くと面倒くさくなって絶対やりません。始めるなら、いま、この瞬間にやりましょう。

 

 

わたしも予備校講師の端くれなので言わせてもらいますが、

 

「今でしょ!」

 

※授業でこのセリフを吐くと、大体スベリます

 

 

とりあえず初回のレッスン自体は無料で受けられるので、まずはそれを試してみてからでも悪くはないです。しつこい勧誘も全くナシ。続ける場合も、毎日25分のレッスンで約6500円と破格の安さです。

 

一度だけ受けてみて、「やっぱり違うな」と思ったら、すぐにやめても大丈夫。料金は発生しません。

 

 

 

というわけで、くどいようですが、1ミリでも迷った方はいますぐDMM英会話を始めましょう。下記のリンクから体験ページにサクッと飛ぶことが出来ます。

 

↓↓体験ページにサクッと飛べます↓↓

 

 

 

いまここで踏み出した一歩が、この先の楽しい英語ライフにきっとつながることでしょう。

 

もし不明な点があったり、受講の上でアドバイスが欲しい方がいれば、コメント欄までお願いします。出来る限りお手伝いさせて頂きます。

 

 

それでは、最後までありがとうございました!

 

 

 


コメント