【全7パターン】形容詞の後置修飾まとめ【something/available他】

基本単語

 

今回は形容詞の後置修飾をまとめてみたいと思います。

 

 

後置修飾って何?

 

 

たとえば次の例を見てください。通常、形容詞は名詞の前に置かれるのですね。

  • a large apple: 大きなりんご(形容詞largeが名詞appleを修飾)

 

 

ただ例外的に、形容詞が名詞の後ろに置かれることがあり、これを形容詞の後置修飾と呼びます。

 

 

今回は形容詞の後置修飾のパターンについてまとめてみました。これさえ押さえておけば、形容詞の後置修飾は怖いものナシですよ!

 

形容詞の後置修飾まとめ

まずは全体像から確認していきましょう。形容詞の後置修飾が起こるのは下記の場合です。

 

特に重要なのは1~5のパターンです。

 

ポイント
  1. 2語以上のカタマリの場合
  2. 「一時的」というニュアンスを出す場合
  3. -thing, -body, -oneといった単語が使われている場合
  4. -able, -ibleといった形容詞が使われている場合
  5. その他、特定の形容詞が使用されている場合
  6. 分詞が動詞の意味合いを強く持つ場合
  7. 固有名詞を区別する場合

 

 

「5. 特定の形容詞」の一覧は下記の通りです。

 

①前置修飾と後置修飾で意味が異なる単語

前置修飾(限定用法) 後置修飾(叙述用法)※
certain ある種の 確信している
fond いとおしそうに ~が好き(fond of~で)
ill 悪い、有害な 病気の
late 故(≒亡くなった、故人) 遅れた
present 現在の 出席している
right 右の 正しい
sorry みじめな、哀れな 申し訳ない、気の毒で

 

②後置修飾のみで使用される単語

後置修飾(叙述用法)
alike 似ている
alive 生きている
alone 一人で、孤独な
asleep 眠っている
awake 起きている

 

※正確に言うと前置修飾⇒限定用法、後置修飾⇒叙述用法です。パターン5を説明する際、少しだけ詳しく触れます

 

 

これだけ読んでもわからない…

 

 

具体例と一緒に確認していきましょう!

 

2語以上のカタマリの場合

形容詞が二語以上のカタマリの場合は、後ろから修飾するのが一般的です。

 

コチラが例です。赤字部分が形容詞のカタマリで、下線部分の名詞を修飾しています。

  • a man worthy of praise (称賛に値する)
  • a car broken by Tom (トムによって壊された)

※余談ですが、関係代名詞も形容詞のカタマリの一種です。”a man who is from Tokyo“という表現も、よくよく見ると関係代名詞が後ろから名詞を修飾していますね。

 

「一時的」というニュアンスを出す場合

「一時的」というニュアンスを出す場合も後置修飾となります。これは結構大事です。

 

例はコチラです。

  • a car used (使われている)

 

 

上記の例には「一時的に使われている」という意味合いが込められています。

 

 

一方、usedという形容詞の位置が変わり、a used carという語順になれば、

「使われているという状態がずっと続いている」

「物自体の固有の性質を示す」

と考え、「中古車」という意味になります。

 

-thing, -body, -oneといった単語が使われている場合

-thing, -body, -oneといった単語が使われている場合も後置修飾となります。具体的には、something/anybody/nothingなどですね。

 

例はコチラです。

  • something cold (冷たい)
  • nothing special (特別な事は何もない)
  • everybody in the class (クラスの全員)

 

-ible, -ableといった形容詞が使われている場合

-ible, -ableといった形容詞が使われている場合も後置修飾となります。具体的には、availableなどですね。

 

例はコチラです。

  • a room available (入手可能な部屋)
  • the star visible (見える)

the star visibleには「一時的に」という意味合いが込められています。visibleは、the visible starという語順もあり得ますが、この場合「一時的に」という意味合いは消えます。

 

その他、特定の形容詞が使用されている場合

その他、特定の形容詞が使用されている場合も後置修飾となります。具体的には、asleepやpresentなどですね。

 

このタイプの形容詞には、

後置修飾のみで使われるもの

前置修飾と後置修飾のどちらでも使われるもの

の二種類あります。

 

 

一覧表はコチラです。後置修飾のパターンでは「一時的」という意味が込められることが多いことを念頭に置くと、理解が進みます。(後置修飾の意味合いは「好き」「病気」「出席」など、一時的な状態を表す意味が多いですね)

 

①前置修飾と後置修飾で意味が異なる単語

前置修飾(限定用法) 後置修飾(叙述用法※)
certain ある種の 確信している
fond いとおしそうに ~が好き(fond of~で)
ill 悪い、有害な 病気の
late 故(≒亡くなった、故人) 遅れた
present 現在の 出席している
right 右の 正しい
sorry みじめな、哀れな 申し訳ない、気の毒で

 

②後置修飾のみで使用される単語

後置修飾(叙述用法)
alike 似ている
alive 生きている
alone 一人で、孤独な
asleep 眠っている
awake 起きている

 

※「限定用法」「叙述用法」という用語について。興味がなければスルーしてOKです。

前置修飾は「限定用法」、後置修飾は「叙述用法」という呼び方が正確です。特に、後置修飾と叙述用法は厳密にはやや異なります。「後置修飾:後ろから名詞を修飾(the baby asleep)」なのに対し、「叙述用法:補語として名詞を説明 (The baby is asleep.)」です。ただ、後置修飾も叙述用法も、①名詞との位置関係では形容詞が後ろに来ている、②「一時的」という意味合いが込められることが多い、という共通点があります。わかりやすさを優先するために、本記事では「後置修飾」と「叙述用法」という用語をあまり区別せずに使っています。(叙述用法についてまとめた記事は【意味・用法まとめ】形容詞の叙述用法と限定用法にあります)

 

 

例はコチラです。presentは、後置修飾と前置修飾で意味が異なることも確認してくださいね。

  • the baby asleep (眠っている赤ちゃん)
  • the students present (出席している生徒たち)
  • the present situation (現在の状況)

 

分詞が動詞の意味合いを強く持つ場合

分詞が動詞の意味合いを強く持つ場合も後置修飾となります。分詞というのは、VingやVp.p.のことですね。

 

例はコチラです。

  • people arrested (逮捕された人々)
  • for the time being (当分の)

※for the time beingは定型表現として覚えた方も多いかもしれません。これも「一時的な」という意味合いを持つ表現ですね。

 

固有名詞を区別する場合

固有名詞を区別する場合も後置修飾となります。このパターンでは、“the~”というカタマリが形容詞の役割を果たします。

 

例はコチラです。

  • Lupin the Third (ルパン3世)
  • Jack the Ripper (切り裂きジャック)

※ripは「~を引き裂く」という意味を持ちます。ripperで「引き裂く人」というコトですね。

 

まとめ

長くなったので、改めてまとめです。

 

説明を読んだうえで目を通すと、今度はスッキリ頭に入ってきますね!

 

 

ポイント
  1. 2語以上のカタマリの場合
  2. 「一時的」というニュアンスを出す場合
  3. -thing, -body, -oneといった単語が使われている場合
  4. -able, -ibleといった形容詞が使われている場合
  5. その他、特定の形容詞が使用されている場合
  6. 分詞が動詞の意味合いを強く持つ場合
  7. 固有名詞を区別する場合

 

「5. 特定の形容詞」の一覧は下記の通り

 

①前置修飾と後置修飾で意味が異なる単語

前置修飾(限定用法) 後置修飾(叙述用法)
certain ある種の 確信している
fond いとおしそうに ~が好き(fond of~で)
ill 悪い、有害な 病気の
late 故(≒亡くなった、故人) 遅れた
present 現在の 出席している
right 右の 正しい
sorry みじめな、哀れな 申し訳ない、気の毒で

 

②後置修飾のみで使用される単語

後置修飾(叙述用法)
alike 似ている
alive 生きている
alone 一人で、孤独な
asleep 眠っている
awake 起きている

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語形容詞・副詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【全7パターン】形容詞の後置修飾まとめ […]