【ちょっと小話】「長い単語にはmore/mostを付ける」規則が生まれた理由

比較

 

こんにちは、今回はちょっと小話です。

 

「長い単語にはmore/mostを付ける!」とは中学校で習うルールですが、なぜそのようなルールが生まれたのか、考えたことはありますか?

 

実は一応それらしい理由があるので、今回はそれを紹介したいと思います。

 

ちなみに、これを知ってもテストの点は上がりません。笑

完全に趣味の世界の話です。

 

more/mostはフランス語からの流入で生まれた

もともと古英語(大昔の英語)では、比較級と最上級は-er/estで表現していました。

 

 

しかし、ノルマン (フランス語圏の人々)がイギリスを支配したことで、フランス語が英語に一気に流入したのですね。

 

その時に使われるようになったのがmore/mostです。

 

フランス語では、

  • more = plus
  • the most = le/la/les plus

ですが、それが英語にも入ってきたのです。

 

 

もちろん、この時代に入ってきたのはそれだけではありません。

 

実に大量の言葉が入ってきました。ノルマンはイギリスを支配したので、堅い言葉 (≒ちょっとエラそうな言葉)は、特にフランスの流入が顕著にみられました。

 

 

で、そういった語の特徴として、通常の英語よりも綴りが長いのです。

 

  • attorney: 弁護士
  • defendant: 被告人
  • retreat: 退却
  • commence: 開始する
  • purchase: 購入する
  • encounter: 遭遇する
  • beautiful: 美しい
  • diligent: 勤勉な
  • honorable: 尊敬すべき

等々…

 

 

はじめのうち、more/mostはフランス語語源の言葉と結びついて使われていましたが、

 

その後、

  • 長い言葉はmore/most
  • 短い言葉は-er/-est

というルールが確立することになりました。

 

 

なぜ単語の長さでmore/mostを使用するかどうかが決まったか?

 

 

 

…そうです、フランス語よりも、英語のつづりの方が長い傾向があったからです。

 

 

 

その結果、英語に語源を持つものでも、長ければmore/mostと結びつくという流れが出来たようです。

 

 

なるほどね!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

特になくても困らない知識ですが、こういった背景を知っていると、なんだか世界が広がって感じますよね。単なるコミュニケーションの道具でしかない英語が、歴史と奥行きを持った存在に感じられます。

 

英語って結構面白いな、と思ってもらえたのなら幸いです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント