【イメージ理解】命令文+or「さもないと」、命令文+and「そうすれば」の違い

接続詞

 

今回は命令文+or「さもないと」、命令文+and「そうすれば」の違いについて解説します。

 

この二つ、油断すると混同してしまうんですが、ちょっと考えてみれば二度と勘違いがなくなります。その違いとは?

 

サクっと確認してみましょう。

 

orとandの違いに注目する

日本語の意味は、命令文+or「さもないと」、命令文+and「そうすれば」となるわけですが、

英語での違いは、orを使うかandを使うかという点ですね。

 

というわけで、orとandにスポットライトを当ててみましょう。

 

orは「どちらかを選ばせる」

まずはorから。

 

Hurry up, or you will miss the train. (急ぎなさい、さもないと電車に遅れますよ)

 

この文は、orを境に前半部分と後半部分に分けて考えてみましょう。

 

まず前半部分はHurry up「急ぎなさい」です。

一方の後半部分はyou will miss the train「電車に乗り遅れる」です。

で、前半部分と後半部分をつなぐのがorです。

 

orは日本語にもよくなじんだ表現ですが「もしくは」とか「あるいは」のような訳をよく見ます。2つ(あるいは3つ以上)の選択肢があって、その中のどれか1つというときに使われます。

 

 

少し古いですが、ポケモン(ゲーム)の序盤で、マサラタウンのオーキド博士がポケモンを1匹くれるわけです。あれがまさにorの出番ですね。ヒトカゲ、ゼニガメorフシギダネのどれか1つを選びなさい、と。

 

 

…話を戻します。

 

この文の書き手は、前半部分で「急ぎなさい」、後半部分で「電車に遅れるよ」という2つの選択肢を相手に示しているわけです。「急ぐか、電車に遅れるか、どちらか選べ」と。

 

これをもう少しちゃんとした日本語に訳すと、「急ぎなさい、さもなければ電車に遅れるよ」となるわけです。「さもなければ」というのは、「どちらか1つ」というorのニュアンスを反映した訳なんですね。

 

なお、orの代わりにor else「あるいは他に」、otherwise「さもなければ(≒if not)」といった表現を使用することも出来ます。全てorと似たような意味を持っていますね。

 

andは「そして」

次にandです。例文を見てください。

 

Hurry up, and you will catch the train. (急ぎなさい、そうすれば電車に間に合いますよ)

 

これもandを境に前半と後半で分けて考えます。

 

前半は「急ぎなさい」、後半は「電車に間に合う」ですね。で、これをつなぐのがandです。

 

orと違うのは、「急ぐ→そして間に合う」というように、andが前半と後半を矢印でつないでしまうコトでしょうか。

 

この矢印の部分を日本語にすると、「急ぎなさい、そうすれば(→)間に合うよ」となるわけです。

 

その他のパターン

今回は命令文+or、命令文+andの組み合わせを紹介しましたが、似たような表現は他にもあります。

 

例えば、命令文の代わりにmust「~しなければならない」を使って

You must hurry up, or you will miss the train. (君は急がないといけないよ、さもないと電車に遅れる)

と書くことも出来ますし、

 

命令文やandの代わりにifを使って、

If you hurry up, you will catch the train.

(もし君が急げば、電車に間に合うだろう)

とすることも出来ます。

 

あとは、ちょっと毛色が違いますが、仮定法との組み合わせなんてパターンもあります。

He likes tennis, or he wouldn’t have watched the tennis match.

= He likes tennis. If he didn’t like tennis, he wouldn’t have watched the tennis match.

(彼はテニスが好きだ。そうでなければ、そのテニスの試合を観たりはしなかっただろう)

 

大切なのは訳を丸暗記することではなく、命令文+or、命令文+andのコアとなるイメージを理解することです。そこを理解出来ていれば、変化球(パターンから外れた文)が来ても、ある程度対応できるハズです。

 

おわりに

一見単純な用法ですが、単語ごとに意味を捉えると、納得のいく訳になっていることがわかりますね!英語の言い回しを勉強するときは、可能な限り単語レベルへ分解して考えるクセをつけましょう。(限度はありますが…)

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント