【prefer / superior / inferior…】ラテン語語源の比較表現まとめ【preferの用法も】

比較

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はラテン語語源の比較表現についてまとめてみました。preferやsuperior, inferiorなんかがそうですね。

 

ラテン語の比較表現…??

 

 

難しいことはありません。きちんとみれば「楽勝だね!」となるハズです。

 

なお、preferは用法的に紛らわしいこともあり、そちらについてもサクッとまとめてあります。

 

ラテン語語源の比較級の特徴

実は英語というのは、いろんな言語の流入を受けているんですね。ヨーロッパという地理的な条件を考えると納得です。近隣の言語の影響を受け、現在に至るのです。

 

その中の一つがラテン語。特に学問分野など、「格式の高い」単語に多くの流入が見られるようです。

 

 

そして、今回とりあげるラテン語語源の比較表現には、次のような特徴がみられます。

 

ラテン語語源の比較表現
  • -orで終わる(ラテン語の形容詞比較表現に由来)
  • thanではなくtoを使う。moreやlessの使用はしない

 

 

特に注意したいのが二つ目です。「~より大きい」といったフツーの比較表現では、一般的にはmoreやless、thanを組み合わせていました。

 

ただ、ラテン語語源の比較ではmore, less, thanといった単語が使われないんですね。

 

ラテン語語源の比較ではtoが使われるんです。このことを頭に入れたうえで、比較表現を見ていきましょう。

 

ラテン語語源の比較表現まとめ

下記は、ラテン語語源の比較表現まとめです。

 

ラテン語語源の比較表現まとめ

 <動詞表現>

  • prefer A to B:BよりAを好む

 

 <形容詞表現>

  • prior to A:Aより前に(時間)
  • posterior to A:Aより後に(時間)

 

  • anterior to A:Aより前に(場所)
  • posterior to A:Aより後ろに(場所)

 

  • superior to A:Aより優れている
  • inferior to A:Aより劣っている

 

  • senior to A:Aより年上
  • junior to A:Aより年下

 

 

toが「~よりも(≒than)」という意味で使われている点に注目です。前置詞toには比較の意味もあるんです。

 

face-to-face(フェイス・トゥー・フェイス)で「対面の、向かい合った(≒顔に対して顔が向かい合った)」という訳になりますが、ここでtoは「~に対して」という意味で使われていますね。比較のtoもこれに近い意味です。「~に対してより…」ということで、何かと何かを突き合わせて比べるイメージです。

 

というわけで、一つ一つの表現を見ていきましょう。

 

prefer A to B

preferは「~を好む」という意味の動詞です。これとtoが結びつき、比較表現になることがあります。

 

prefer A to Bで「BよりAを好む」です。

 

 

コチラが例文。「野球>サッカー」という関係になっていますね。

I prefer baseball to soccer.

(わたしは、サッカーより野球が好きだ)

 

 

なお、preferは用法が結構紛らわしいです。下記にまとめておきました。

 

ポイント
  • prefer Ving: Vすることをより好む
  • prefer to V: Vする方をより好む
  • prefer 人 to V: 人にVしてもらいたい
  • prefer to A to B: BよりもAの方を好む(AとBには名詞か動名詞Vingが入る)
  • prefer to V1 rather than to V2: V2よりもV1する方を好む

 

 

prefer自体に「より好む」という意味がある点に注意しましょう。また、後ろに不定詞to Vを伴うこともあるのですね。コチラが例文です。

I used to like running, but I now prefer swimming.

(わたしは昔ランニングが好きだったが、今では泳ぐ方が好きだ)

 

I prefer you to come with me.

(あなたには私と一緒に来て欲しい)

 

I prefer to live in Hokkaido.

(わたしは北海道に住む方を好みます)

 

I prefer baseball to soccer.

(わたしは、サッカーより野球が好きだ)

 

I prefer eating to sleeping.

(わたしは、眠るより食べる方が好きだ)

 

I prefer to live in Hokkaido rather than (to) live in Tokyo.

(わたしは東京に住むより北海道に住む方を好みます)

※二つ目のtoは省略可

 

 

prior to A

priorは「前の、優先する」という形容詞です。priority「優先事項、優先権」という意味の名詞もありますね。(priority seat「優先席」なんて言葉もありますね)

 

prior to Aで「Aより前にです。

 

 

コチラが例文。

You should turn off your mobile phone prior to the takeoff.

(君は、離陸前に携帯電話の電源を切らなくちゃいけない)

 

superior/inferior to A

コチラはセットでやりましょう。

 

superiorは「優れている」という意味の形容詞です。”super”の部分に「優れた、上の」といった意味があるんですね。superman「スーパーマン」なんてのはまさにその意味です。

 

一方、inferiorは「劣っている」という意味の形容詞です。”infer”の部分に「低い」という意味が込められています。

 

というわけで、superior to Aで「Aより優れている」、inferior to Aで「Aより劣っている」という意味になります。

 

 

それぞれの例文はコチラ。

He is superior to her.

(彼は、彼女より優れている)

 

He is inferior to her.

(彼は、彼女より劣っている)

 

senior/junior to A

コチラもセットでやりましょう。

 

seniorは「年上の、(地位などが)上位の」という意味の形容詞です。「シニア」という表現は日本語にも定着していますね。

 

一方、juniorは「年下の、(地位などが)下位の」という意味の形容詞です。「ジュニア」という表現も日本語に定着していますね。

 

というわけで、senior to Aで「Aより年上の」、junior to Aで「Aより年下の」という意味になります。

 

 

それぞれの例文はコチラ。

He is senior to her.

(彼は彼女より年上だ)

 

He is junior to her.

(彼は彼女より年下だ)

 

ラテン語比較表現の強調(おまけ)

ラテン語比較表現を強調する際は、muchやfarが主に使われます。比較の意味合いを含むとき、veryは好まれないようです。(ここら辺は感覚の問題です)

 

He is much senior to her.

= He is far senior to her.

(彼は、彼女よりずっと年上だ)

 

以上、おまけでした。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

語尾も前置詞toの使い方も決まっているので、割と覚えやすいのではないでしょうか?

 

個人的には、thanを使った比較級より、ラテン語語源の比較級の方がスッキリしていて好きです。「-erを使うべきか、moreを使うべきか?」というややこしい問題を考えずに済みますしね。

 

<参考記事>thanの強調表現を品詞から考える

 

 

というわけで今回はこの辺で。質問等はコメント欄までお願いします!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【prefer / superior / inferior…】ラテン語語源の比較表現まとめ […]

  2. […] ・ラテン語語源の比較表現まとめ【prefer / superior / inferior…】 […]