【決定版】関係代名詞thatが好まれるパターン4選【元東大&現役講師が贈る】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は関係代名詞thatをあえて使うパターンをまとめたいと思います。

 

 

whichとかwhoじゃダメってこと?

 

 

 

そうですね、thatを積極的に使うべきパターンです。

 

案外たくさんあるので、ぜひこの機会にまとめて押さえてしまってくださいね。

【東大OB&現役講師】関係代名詞thatが好まれるパターンを死ぬほどわかりやすく解説

 

thatが好まれるのは全部で4パターン

thatが好まれるのは全部で4パターンです。

 

詳細は下記の通りです。

 

thatが好まれるパターン
  1. 先行詞が「人+人以外」のとき
  2. 先行詞が「強い意味」を含むとき(all, every, no, 最上級など)
  3. 疑問詞の後ろで使用されるとき
  4. 関係代名詞がbe動詞の補語 (C)になっているとき

 

 

 

これだけ見てもよくわからない…

 

 

 

そうですね、意味不明だと思います。笑

 

例文付きで、一つずつ丁寧に見ていきましょう!

 

先行詞が「人+人以外」のとき

まずは先行詞が「人+人以外」のときから。

 

He talked about the man and the dog that he saw the other day.

(彼は、彼が先日見た男とイヌについて話をした)

 

 

先行詞はthe man and the dogです。

 

 

仮にここで、

whoを使えば、the dogを人間扱いすることになりますし、

whichを使えば、the manをモノ扱いすることになります。

 

 

つまり、どちらに使っても差し支えないthatをチョイスした、というわけです。

 

先行詞が「強い意味」を含むとき(all, every, no, 最上級など)

先行詞が「強い意味」を含むとき(all, every, no, 最上級など)もthatを使います。

 

He talked about all the story that he knew.

(彼は、彼が知る全ての物語について話をした)

 

He talked about the most beautiful lady that he saw the other day.

(彼は、彼が先日見た最も美しい女性について話をした)

 

He talked about every lady that he knew.

(彼は、彼が知る全ての女性について話をした)

 

 

先行詞が全て、

  • all the story
  • the most beautiful lady
  • every lady

のように、「強い意味」を含んでいますね。

 

 

そのため、関係代名詞thatが使われています。

 

疑問詞の後ろで使用されるとき

疑問詞の後ろで使用されるときのパターンはコチラ。

 

Who that knows the fact can criticize him?

(その事実を知る誰が、彼を批判できるだろう?)

 

Which is the lady that you love?

(どちらが、あなたが愛する女性ですか?)

 

 

上のパターンでは、whoが先行詞になっています。

 

 

一方、下のパターンはじゃっかんわかりにくいかもしれません。

 

先行詞はwhichではない (the lady)ですが、

疑問詞に続いているので、thatが使用されています。

 

関係代名詞がbe動詞の補語 (C)

関係代名詞がbe動詞の補語 (C)もthatが好まれます。

 

He is not the person that he used to be.

(彼は昔の彼ではない = 彼は昔彼がそうであったではない)

 

 

よくわからない…

 

これはちょっと難しいですね。

 

that he used to beに注目してみてください。

 

 

ここで、関係代名詞がbe動詞の補語になっているのがわかるでしょうか?

 

 

これの元々の文は、

He used to be the person.

というものなのですね。

 

 

つまり、the person (=関係代名詞that)が、beの補語になっているわけです。

このような場合、whoやwhichではなく、thatを使う必要があります。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

関係代名詞の中でも少し応用編でしたが、すっきり頭に入ったでしょうか?

 

 

このルールを知っていると「コイツ、できる…」と相手に思わせることが出来るので、

ぜひこれを機会にマスターしてください。

 

 

それではまたお会いしましょう。最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【3分で理解】関係代名詞thatが好まれるパターン […]