【意外】”no matter 名詞”、”no matter that”、”no matter whether/if”の意味・用法

形容詞・副詞

 

「no matter 疑問詞 SV: たとえSV~でも」という表現は、ある程度英語を勉強した人ならなじみ深いと思います。

 

No matter what he does, I will support him.

(彼が何をしようとも、わたしは彼を支持する)

 

No matter when he does, I will support him.

(彼がいつしようとも、わたしは彼を支持する)

 

 

しかし、うしろに疑問詞やSVを伴わない「no matter 名詞」、「no matter that」、「no matter whether/if」という形で、no matterが使われることも結構あります。

 

一体どのようなパターンなのか? 下記で確認していきましょう!

 

「no matter 名詞」、「no matter that」、「no matter whether/if」

「no matter 名詞」、「no matter that」、「no matter whether/if」の意味・用法は下記の通りです。

 

 

ポイント

<no matter 名詞>

  • no matter + the/所有格 + 名詞: たとえ~でも、~がどうであれ
  • 品詞は前置詞として考える。ただし、ジーニアス英和辞典 第5版には、これは比較的新しい用法で、「in spite of: ~にもかかわらず」で書き換えるべきとの記述もある

 

<no matter that>

  • no matter that SV-: たとえSV-でも(≒although SV-)

 

<no matter whether/if>

 

※今回の記事で取り上げた例文はジーニアス英和辞典 第5版ウィズダム英和辞典 第4版から引用しています

 

 

受験英語では見慣れぬ形ですが、「たとえ~でも」という意味を付け加えれば、簡単に意味を捉えられますね。

 

それぞれの例文を見てみましょう。

 

<no matter 名詞>

She was always very kind to me no matter her difficulties.

(彼女は困難にもかかわらず、常にわたしに優しくしてくれた)

 

No matter his faults, he loved you.

(彼の欠点にもかかわらず、彼はあなたを愛していた)

 

<no matter that>

The plan will be carried out no matter that he objects to it.

(たとえ彼が反対しようとも、その計画は実行されるだろう)

 

<no matter whether/if>

No matter you agree or not, I will support him.

(たとえ君が同意しようとそうでなかろうと、わたしは彼を支持する)

 

I’m going to name it Pace no matter if it’s a boy or a girl.

(たとえ男の子でも女の子でも、わたしは赤ん坊をペイスと名付けるつもりだ)

 

まとめ

いかがでしたか? 実際の文章では少なからず目にする表現ですので、これを機会にマスターできると良いですね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント