【絶対わかる】「育てる」grow / bring up/ raiseの意味・使い方の違い【人/動物/植物を育てる】

基本単語

 

「育てる」という単語の使い分けです。

 

人/動物/植物の何を育てるのかで、単語のチョイスが変わってきます。

 

何がどのように違うのか? サクッと確認していきましょう。

 

「育てる」grow / bring up/ raiseの意味・使い方の違い

「育てる」grow / bring up/ raiseの意味・使い方の違いのまとめです。

 

全て「~を育てる」という意味で使われますが、「何を育てるのか」で使うべき単語が変わってきます。

 

ポイント

「~を育てる」(他動詞)

  • raise:人/動物/植物を育てる(動物や植物は「作物や家畜を育てる」の意味)
  • bring up: 人を育てる
  • grow: 植物を育てる(「作物を育てる」にも「家庭で植物を育てる」にもなる)

 

「育つ/成長する」(自動詞)

  • grow:人/動物/植物が成長する

 

 

他動詞と自動詞で分けて考えていきましょう。

 

一つずつ詳しく解説していきます。

 

「~を育てる」(他動詞)

「~を育てる」(他動詞)からです。

 

後ろに目的語がくるパターンですね。

 

raise:人/動物/植物を育てる

「raise:人/動物/植物を育てる」です。

 

これは万能な単語で、目的語の位置に人/動物/植物の何がきてもOKです。

 

 

ただ、動物や植物の場合は「作物や家畜を育てる」意味になりやすいです。

 

家で育てるような場合は、

  • 植物 ⇒grow(植物を育てる)
  • 動物 ⇒have/keep(動物を飼う)

を使うと良いでしょう。

 

 

例文はコチラです。目的語の人/動物/植物に注目してくださいね。

I raised Tom as a Christian.

(わたしはトムをクリスチャンとして育てた)

 

I raise sheep in the farm.

(わたしは農場で羊を飼育している)

 

I raise tomatoes in Miyazaki.

(わたしは宮崎県でトマトを育てています)

 

bring up: 人を育てる

「bring up: 人を育てる」です。

 

目的語に来て良いのは人だけです。

 

例文はコチラです。人を育てている点に注目してくださいね。

He brings up his children strictly.

(彼は子供たちを厳しく育てている)

 

He has to bring up his family by himself.

(彼は一人で彼の家族を育てなければいけない)

 

He was brought up by his grandmother in Kagoshima.

(彼はおばあちゃんによって鹿児島で育てられた)

 

grow: 植物を育てる

「grow: 植物を育てる」です。

 

「作物を育てる」にも「家庭で植物を育てる」にもなります。

 

He grows vegetables in his yard.

(彼は庭で野菜を育てている)

 

「育つ/成長する」(自動詞)

「育つ/成長する」(自動詞)です。

 

grow

「grow:人/動物/植物が成長する」は、自動詞として使われます。

 

growは何が育つのに使ってもOKです。

 

なお、grow upのようにupが付く場合、「大人になる」ところまでを含意します。

 

 

例文はコチラです。

The tree has grown so tall.

(その木はとても高く育った)

 

The lion has grown so large that we cannot keep him anymore.

(そのライオンはとても大きくなってしまったので、もはや我々はそのライオンを飼うことが出来ない)

 

He grew up to be a doctor.

(彼は成長して医者になった)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを確認してみましょう。

 

 

ポイント

「~を育てる」(他動詞)

  • raise:人/動物/植物を育てる(動物や植物は「作物や家畜を育てる」の意味)
  • bring up: 人を育てる
  • grow: 植物を育てる(「作物を育てる」にも「家庭で植物を育てる」にもなる)

 

「育つ/成長する」(自動詞)

  • grow:人/動物/植物が成長する

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント