【単語から理解】know better than to V / no better thanの意味

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回ご紹介するのは、

know better than do V:Vするほど愚かではない

no better than~:~にすぎない、~同然だ

です。

 

どうしてこんな訳になるの?

 

詳しく見ていきましょう。

 

know better than to V 例文

まずはknow better than to Vの例文から見てみましょう。

 

He knows better than to trust a stranger.

(彼は、知らない人を信用するほどバカではない)

 

こちらはよいですね。型通りの使い方と訳になっています。

 

なお、文脈上明らかな場合はthan以下が省略されることもあります。

(今回なら、前の文で「知らない人を信用するなよ」といった話題に触れられていれば、改めてthan以下の「知らない人を信用する」に触れる必要がなくなります)

 

単語の成り立ちから考える

なぜ「Vするほど愚かではない」という訳になるのか?

単語の成り立ちから考えてみましょう。

 

まずはknow better。

直訳は「よりよく知っている」「もっと知っている」くらいですね。

 

次にthan to V。

直訳は「Vするよりも」です。

 

 

両方を合わせると、「Vするよりもよりよく知っている」ですね。

これをもう少し見ていくと、

 

「Vするよりよく知っている」

「Vするよりも知っているので、Vすることはない」

「Vするほど愚かではない」

 

となり、最初の訳にたどり着きますね。

 

no better than~ 例文

次はno better than~

「~にすぎない、~同然だ」と訳します。

 

 

He is no better than a beast.

= He is little better than a beast.

(彼はケモノ同然だ)

 

これも先ほどと同じく、単語レベルで捉えていけば理解できます。

 

no better than~の直訳は「~より全然よくない」です。

もう少し見ていくと、

 

「~より全然よくない」

「~と同じようなもの」

「~にすぎない、~同然だ」

 

ということです。

 

なお、little better thanでも同じ意味になります。littleはnoよりも少し弱い表現ですが、「ほとんど~ない」という意味を持ちます。やはり、上記のような理解で、熟語の訳にたどり着くことが出来ますね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見ヘンな熟語も、単語の成り立ちから考えるとスッと理解できるものです。「なんでこんな訳になるのだろう?」と疑問に思うクセをつけてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント