【単語から理解】know better than to V / no better thanの意味

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回ご紹介するのは、

know better than do V:Vするほど愚かではない

no better than~:~にすぎない、~同然だ

です。

 

どうしてこんな訳になるの?

 

詳しく見ていきましょう。

 

know better than to V 例文

まずはknow better than to Vの例文から見てみましょう。

 

He knows better than to trust a stranger.

(彼は、知らない人を信用するほどバカではない)

 

こちらはよいですね。型通りの使い方と訳になっています。

 

なお、文脈上明らかな場合はthan以下が省略されることもあります。

(今回なら、前の文で「知らない人を信用するなよ」といった話題に触れられていれば、改めてthan以下の「知らない人を信用する」に触れる必要がなくなります)

 

単語の成り立ちから考える

なぜ「Vするほど愚かではない」という訳になるのか?

単語の成り立ちから考えてみましょう。

 

まずはknow better。

直訳は「よりよく知っている」「もっと知っている」くらいですね。

 

次にthan to V。

直訳は「Vするよりも」です。

 

 

両方を合わせると、「Vするよりもよりよく知っている」ですね。

これをもう少し見ていくと、

 

「Vするよりよく知っている」

「Vするよりも知っているので、Vすることはない」

「Vするほど愚かではない」

 

となり、最初の訳にたどり着きますね。

 

no better than~ 例文

次はno better than~

「~にすぎない、~同然だ」と訳します。

 

 

He is no better than a beast.

= He is little better than a beast.

(彼はケモノ同然だ)

 

これも先ほどと同じく、単語レベルで捉えていけば理解できます。

 

no better than~の直訳は「~より全然よくない」です。

もう少し見ていくと、

 

「~より全然よくない」

「~と同じようなもの」

「~にすぎない、~同然だ」

 

ということです。

 

なお、little better thanでも同じ意味になります。littleはnoよりも少し弱い表現ですが、「ほとんど~ない」という意味を持ちます。やはり、上記のような理解で、熟語の訳にたどり着くことが出来ますね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見ヘンな熟語も、単語の成り立ちから考えるとスッと理解できるものです。「なんでこんな訳になるのだろう?」と疑問に思うクセをつけてくださいね。

 

それではまたお会いしましょう!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント