【超上級】No other mountainとNo mountainの意味/使い方の違いとは

比較

 

今回は比較表現のうち、No other mountainとNo mountainの違いについて説明してみました。

 

最上級表現の言い換えとして使われる表現ですが、文脈次第でotherの有無が変わってくるのですね。

 

今回はそんな超上級者向けの内容を超簡単に解説してみました。

 

No other mountainとNo mountainの違い

No other mountainとNo mountainの違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • 同一カテゴリー内での比較の場合:otherを付けても/付けなくても良い
  • 異なるカテゴリー間での比較の場合:otherを付けてはいけない

 

 

意味不明

 

例文付きで具体的に見ていきましょう。

 

具体例 -例文

具体例はコチラです。

 

No other mountain

まずは、

  • 同一カテゴリー内での比較の場合:otherを付けても/付けなくても良い

からです。

 

こちらの例文は下記の通りです。

No (other) mountain in Japan is as high as Mt. Fuji.

= Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.

(富士山は日本で一番高い山だ)

 

直訳すると、

「日本で富士山と同じくらい高い(他の)山はない」

ですね。

 

「富士山と同じくらい高い山はない」ので、「富士山が一番高い」という発想です。

 

 

富士山という山を、他の山と比べています。つまり、同一カテゴリー内での比較をしているのですね。この場合、otherはあってもなくてもどちらでも良いです。

 

No mountain

次に、

  • 異なるカテゴリー間での比較の場合:otherを付けてはいけない

です。

 

下記の例文を見てください。

No mountain in Japan is as large as Mercury.

(水星は日本のどの山と比べても一番大きい)

 

直訳すると、

「日本で水星と同じくらい大きい山はない」

ですね。

 

「水星と同じくらい大きい山はない」ので、「水星が一番大きい」という発想です。

 

 

ここで注目すべきは、水星と日本の山、という異なるカテゴリー間での比較をしている点です。山と星ではカテゴリーが違いますよね。

 

異なるカテゴリー間での比較を行っているので、No other mountainとはなっていないのです。

 

どうしてotherを入れてはダメなの?

 

 

 

「他の山は、水星より大きくない」という意味になるからです。otherを付けると、「山というカテゴリーの中で水星を見ていくと、水星の他の山は水星という山ほど大きくはないよね」という意味合いが出てしまうのです。

 

 

ただ、水星は山というカテゴリーではない(星というカテゴリー)なので、otherを使うと違和感のある文になってしまうのですね。

 

おわりに

いかがでしたか? とても細かい知識ですが、これを身につけるとワンランク上の英作文力が身に付きますね!

 

コメント