【前置詞に注目】go for a picnicとgo on a tripの違い

前置詞

 

今回は「〇〇に行く」という表現の違いについてまとめました。

 

下記のように、非常によく似た表現が存在するのですがonとforの違いはなんなのでしょう?

  • go on a picnic
  • go for a picnic
  • go on a trip
  • go for a drive

 

死ぬほどわかりやすく、サクッとみていきましょう!

 

go for a picnicとgo on a tripの違い

go for a picnicとgo on a tripなどの違いは下記の通りです。前置詞がポイントです。

 

ポイント

on: 計画性あり/for: 目的

  • go on a picnic: ピクニックに行く(計画されているイメージ
  • go for a picnic: ピクニックに行く(行為を目的にしているイメージ

 

  • go on a trip: 旅行に行く

 

  • go for a drive: ドライブに行く

 

 

まず押さえておきたいのが、onとforのニュアンスの違いです。

 

onは「何かに乗っかっている感じ」というところから、「行為が計画されているイメージ」へとつながっていきます。「on schedule: スケジュール通りに」「on: 時間通りに」という表現と同じ感覚があります。

 

一方のforは「~のために」という訳がなじみ深いと思いますが、「行為を目的にしているイメージ」があります。この場合、どちらかといえば「行為が計画されていない/ふらりと出かけるイメージ」が伴います。

 

以上のことを踏まえたうえで、個別の表現をみていきましょう!

 

ピクニックに行く

「ピクニックに行く」です。「on: 計画性あり」「for: 目的」というイメージから、下記のような意味の違いが生まれます。

 

  • go on a picnic: ピクニックに行く(計画されているイメージ
  • go for a picnic: ピクニックに行く(行為を目的にしているイメージ

 

 

なお、picnicは「屋外で食事をすること」、hikingは「遠距離へ歩きに行くこと」を意味します。自分の家の庭で行う食事のこともpicnicと言ったりしますので、少し注意が必要です。

 

旅行に行く

「旅行に行く」です。通常、旅行にはある程度計画を立てて出かけますよね。したがい、onと組み合わせて使うのが一般的です。

 

  • go on a trip: 旅行に行く

 

 

他にもgo on a journey, go on a tourなどと、旅行系の表現はonとセットで使うことが多いです。

 

ドライブに行く

「ドライブに行く」です。ドライブにはふらりと行くことが多いと思います。そのため、forと生み合わせるのが一般的なのですね。

 

  • go for a drive: ドライブに行く

 

 

他にもgo for a walk, go for a jog, go for a runなどと、「ドライブ/ジョギング系」の表現はforとセットで使うことが多いです。

 

おわりに

いかがでしたか? 前置詞に注目すると、表現がグッとわかりやすくなりますね。

 

前置詞系の記事は前置詞カテゴリーにまとめてありますので、もしよければ目を通してみてくださいね。前置詞に着目した、目からうろこの記事が盛りだくさんです。

※随時追加中

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント