YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【楽々暗記!】tired of/ tired fromの意味の違いとは

英文法

 

 

今回はbe tired of~と be tired from~の意味について学びましょう!

 

混同しがちな表現ですが、よくよく考えると、一発で理解することが出来るのですね。

 

 

一度理解すると、二度と間違えることがなくなりますよ!

 

 

ofは「~について」、fromは「~が原因で」

be tired of/ be tired fromを、共通点と相違点に分けて考えてみましょう。

 

 

共通点はbe tired「疲れている」という部分ですね。

 

 

相違点はofとfromです。

 

まず、ofは「~について」という意味を持ちます。

think of~「~について考える」という表現を考えてみればわかりやすいですね。

 

一方、fromは「~が原因で」という意味を持ちます。

suffer from~「~に苦しむ (=~が原因で苦しむ)」という表現を考えればわかりやすいと思います。

 

 

つまり、それぞれの熟語を直訳すると、

be tired of~は「~について疲れている」、

be tired from~は「~が原因で疲れている」

ということになるのです。

 

 

それをきちんとした日本語 (訳語)に直したのが下記です。

 

 

ポイント
  • be tired of~: ~にうんざりしている (≒~について疲れている)
  • be tired from~: ~で疲れている (≒~が原因で疲れている)

 

 

例文はコチラです。

He is tired of his work. (彼は自分の仕事にうんざりしている)

He is tired from his work. (彼は仕事で疲れている)

 

 

 

なお、前置詞from / toの詳しいイメージは下記の記事で説明しているのでぜひお読みください。

前置詞に強くなれば、熟語にも強くなれますよ!

 

<参考記事>

【本質から理解!】前置詞fromのイメージとは

【本質から理解!】前置詞ofのイメージとは

 


コメント

  1. […] 【参考記事】:【サクッと英会話】「川沿いにある」を英語で言うと? […]