【理屈でわかる】warm/war/work…発音のヒミツ【発音記号は?】

発音

 

今回はwarm/war/work…など、wから始まる単語の発音のヒミツについてまとめてみたいと思います。

 

 

例えば、同じarのスペルでも、w以外で始まる単語と、wで始まる単語では発音が違うことが多いです。

 

w以外で始まる単語の場合、arのスペルは/ɑː/(大きく口を開ける「ア」)で発音します。

  • harm /hɑ́ːm/(ハーム)
  • park/pɑ́ːk/(パーク)

 

一方、wで始まる単語の場合、arのスペルは/ɔː/(「オ」に近い音)で発音します。

  • warm/wɔːm/(ウォーム)
  • war/wɔ́ː/(ウォー)

 

 

一体これはなぜなのでしょう? これがわかると、workやworm、worth、wolfなどの単語の発音のからくりもわかりますよ!

 

warm/war/work…発音のヒミツまとめ

まずは結論から。wを含む単語(warm/war/workなど)の発音ヒミツまとめは下記の通りです。

 

 

ポイント

★ 大原則:wが付くと口の大きさが小さくなる(ɑ⇒ɔ⇒əの順に小さくなる)

 

<スペルがar⇒発音は/ɔː/>

  • warm/wɔːm/
  • war/wɔ́ː/

※本来は、harm /hɑ́ːm/、park/pɑ́ːk/のように/ɑː/で発音。スペルwが付くことにより、発音が/ɑ/⇒/ɔ/と変化

 

 

<スペルがor⇒発音は/əː/>

  • work/wəːk/
  • worth/wə́ːθ/

※本来は、pork /pɔ́ːk/、cork/kɔ́ːk/のように/ɔː/で発音。スペルwが付くことにより、発音が/ɔ/⇒/ə/と変化

 

 

 

まずは発音記号から考えましょう。

 

下記の発音記号は、左から右に向け口の形が小さくなっていくのですね。

  • ɑ⇒ɔ⇒ə(大きな「ア」⇒「オ」⇒口あまり開かない曖昧な母音)

 

 

 

これを押さえたうえで、wの発音を考えてみましょう。

 

wは、口を思い切りつき出して「ウォ」と発音をします。実際にやってみてください。いかがでしょう?

 

そう、口の中が狭まりますよね。口が狭まった分、次の発音も口の中が狭くなりやすいんです。

 

 

 

具体的に見ていきましょう。

 

arが含まれる単語の発音は、通常/ɑː/と発音します。しかし、wが直前にくると、口の大きさがɑ⇒ɔにワンランクダウンするのですね。

 

結果、

  • warm/wɔːm/
  • war/wɔ́ː/

となっているわけです。

 

 

orが含まれる単語の発音は、通常/ɔː/と発音します。しかし、wが直前にくると、口の大きさがɔ⇒əにワンランクダウンするのですね。

 

結果、

  • work/wəːk/
  • worth/wə́ːθ/

となっているわけです。

 

 

 

他にもwが先頭にくると、特殊な発音となることが多いです。

  • wolf/wúlf/ (ウルフ)
  • womb/wúːm/ (ウーム)

 

ただ、wの影響で口が狭まるので、後ろの音も影響を受けると考えれば納得いきますよね。こんな風に考えてみると発音も結構面白いですね。

 

 

なお、「発音記号が全然わからない」という方には英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるがおススメです。

 

 

わかりやすい&正確な情報が一通り網羅されています。

 

発音記号を正しく知ると、「正しい英語の発音に近づける⇒正しく発音できればリスニング能力も上がる(発音できない音は聞き取れない)」ので、発音記号は絶対に学ぶべきです。正直、なぜ日本の英語教育で軽視されているのか不思議なくらいです。

 

 

ザっと一読するだけなら1週間程度で終わりますので、発音に興味を持ったいまのうちに英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるを手に入れてしまいましょう。英会話力&リスニング力が劇的に上がるかどうかの分岐点だと思います、結構真剣に。

※後回しにすると人はたいてい動きません(体験談笑)

 

 

最後はアヤシイ宣伝のようになってしまいましたが、今日はこれまで。それでは! 皆さま良き発音ライフを!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
発音 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント