【語源でイメージ】”接頭辞 out”の英単語まとめ【外へ/優れて/長く】

基本表現・語源

 

今回は“out”を接頭辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接頭辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の意味を大きく変える傾向があります。

 

“out”を含む英単語まとめ

接頭辞”out”には、

  • out:①外へ/外側の、②~より優れて/十分に、③長く/~以上

という意味があることを意識してみましょう。

 

 

すごくざっくり言うと、outという単語自体が持つ「外へ」のイメージを派生させたものと考えればよいでしょう。

 

下記にはoutを含む代表的な単語をまとめてみました。「out: ①外へ/外側の、②~より優れて/十分に、③長く/~以上」というイメージを頭において、サッと眺めてみてくださいね。

 

ポイント

<①外へ/外側の>

  • outbound: 外国行きの(⇔「inbound: 本国に向かう」、「bound: 境界、領域」
  • outbreak: 突発的な発生(コロナなどの伝染病の発生によく使用される)
  • outbuilding, outhouse: 離れ家
  • outdoor: 屋外の
  • outline: 輪郭、概略
  • outlook: 態度、見解、先行き

 

 

<②~より優れて/十分に>

  • outstanding: 傑出した、目立った(「stand out: 目立つ」、皆の中から外に飛び出ているイメージ)
  • outspread: いっぱいに広がった、伸びた(「spread: 拡大」)

 

 

<③長く/~以上>

  • outargue: ~を言い負かす
  • outbalance: ~より重い、~より重要である
  • outgrow: ~より背が高くなる、早く成長する、成長して~を脱する
  • outlive: ~より長生きする(”Women outlive men. 女は男より長生きする”)
  • outrun: ~より速く走る

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント