YouTubeもやっています!

【英語語源press】impress, repress, suppress…の意味

基本表現・語源

 

こんにちは!

 

今回は、

impress, repress, suppress,

oppress, depress, compress…

の意味を語源から考えてみたいと思います。

 

 

さてさて

 

 

中心はpress「押す」

今回中心になっているのは、pressです。

 

pressには「押す」という意味があります。

 

プレス、という日本語は聞いたことがあるかも

 

そうですね。あるいは、

pressure「プレッシャー、押すこと、圧力」

なんてのもありますね。

 

構造は、

  • press-:押す
  • -ure:単語を名詞化

という感じです。

 

 

 

他には、express「~を表現する」というのも、

比較的なじみのある単語かもしれません。

 

コチラは、

  • ex-:外へ
  • -press:押す

という構造です。

 

 

 

pressの語源は「押す」

 

このことを頭に入れたうえで、様々な単語を見ていきましょう!

 

 

  • なお、printにも「押す」という意味があります。
  • それについてはコチラの記事にまとめたので、よろしければお読みください!

 

impress「~に印象を与える」

impress「~に印象を与える、感銘を与える」は次のように考えてみましょう。

 

  • im-:中に、~へ
  • -press:押す

 

 

つまり、

「中に+押す」

「心の中に押しつける」

「~に印象を与える、感銘を与える」

となるわけです。

 

repress「~を抑える」

repress「~を抑える、抑えつける」は次のように考えてみましょう。

 

  • re-:後ろに (「再び」という意味もあります)
  • -press:押す

 

 

つまり、

「後ろに+押す」

「~を抑える、抑えつける」

となるわけです。

 

suppress「~を抑える」

suppress「~を抑える、抑圧する」は次のように考えてみましょう。

 

  • sup-:下に (sub-と同じ意味です)
  • -press:押す

 

 

つまり、

「下に+押す」

「~を抑える、抑圧する」

となるわけです。

 

oppress「~を圧迫する」

oppress「~を圧迫する、抑圧する」は次のように考えてみましょう。

 

  • op-:~に向かって (ob-と同じ意味です)
  • -press:押す

 

 

つまり、

「~に向かって+押す」

「~を圧迫する、抑圧する」

となるわけです。

 

 

repressやsuppressと同じような発想だね!

 

そうですね!

ここら辺はセットで覚えてしまった方が良いかもしれません。

 

depress「~を落胆させる」

depress「~を落胆させる」は次のように考えてみましょう。

 

  • de-:分離・反対・下降 (dis-とほぼ同じ。ただし、dis-に「下降」の意味はありません)
  • -press:押す

 

 

つまり、

「下降+押す」

「気持ちが下に押される」

「~を落胆させる」

となるわけです。

 

compress「~を圧縮する」

compress「~を圧縮する」は次のように考えてみましょう。

 

  • com-:共に
  • -press:押す

 

 

つまり、

「共に+押す」

「押して、二つのモノを一つにしてしまう」

「~を圧縮する」

となるわけです。

 

おわりに

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ご質問等あれば、コメント欄までお願いいたします。

 

それでは!

 

 

***

おススメの語源本

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] press (= press 押す) […]