【サクッと英会話】「とりあえず/一応」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「とりあえず/一応」を英語で表現してみました。

 

日常会話でよく出てきそうな表現ですが、一体どのように表現できるのか?

 

サクッと確認してみましょう!

 

「とりあえず/一応」を英語で言うと?

「とりあえず/一応」の英語表現例は下記の通りです。

 

日本語特有の曖昧な表現ですので、文脈を考慮しつつ考えていきましょう。

 

 

ポイント

<さしあたっての間>

  • for now: いまのところ、当分は
  • for the time being: いまのところ、当分は
  • for the present: いまのところ、当分は

 

<まずは最初に>

  • first of all: まずは初めに

 

<ある程度は>

  • somewhat: いくぶん

 

<万一のために>

  • just in case: 万一のために
  • just to be sure: 確認のために

 

 

例文

例文はコチラです。

 

「さしあたっての間」

「さしあたっての間」の意味の例文です。

 

For now, I don’t want to change anything.

For the time being, I don’t want to change anything.

For the present, I don’t want to change anything.

(とりあえずはいまのところ、私は何も変えたくない)

 

It’s a bother to clean up.

It’s a hassle to clean up.

(掃除めんどうくさい)

 

I don’t feel like going to work.

(仕事に行きたい気がしない)

 

That’s troublesome.

(それは面倒だな)

 

「まずは最初に」

「まずは最初に」の例文です。

 

First of all, it is important to provide them with the information.

(とりあえずは、彼らに情報を提供することが大切だ)

 

ある程度は

「ある程度は」の例文です。

 

I’m somewhat satisfied with the result.

(わたしはとりあえずはその結果に満足している)

 

「万一のために」

「万一のために」の例文です。

 

Just in case you don’t know it, I will tell you the truth.

(一応君が知らないといけないから、わたしは君に真実を教えよう)

 

I’ll let him know it just to be sure.

(一応念のため、彼にそれを知らせておくよ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲します。

 

ポイント

<さしあたっての間>

  • for now: いまのところ、当分は
  • for the time being: いまのところ、当分は
  • for the present: いまのところ、当分は

 

<まずは最初に>

  • first of all: まずは初めに

 

<ある程度は>

  • somewhat: いくぶん

 

<万一のために>

  • just in case: 万一のために
  • just to be sure: 確認のために

 

 

英語と日本語は構造がだいぶ違うので、単なる直訳ではなく「結局何を言っているのか?」を考えることがとても重要です。

 

ぜひ、頭の中で変換する癖をつけてくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント