【サクッと英会話】「とりあえず/一応」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「とりあえず/一応」を英語で表現してみました。

 

日常会話でよく出てきそうな表現ですが、一体どのように表現できるのか?

 

サクッと確認してみましょう!

 

「とりあえず/一応」を英語で言うと?

「とりあえず/一応」の英語表現例は下記の通りです。

 

日本語特有の曖昧な表現ですので、文脈を考慮しつつ考えていきましょう。

 

 

ポイント

<さしあたっての間>

  • for now: いまのところ、当分は
  • for the time being: いまのところ、当分は
  • for the present: いまのところ、当分は

 

<まずは最初に>

  • first of all: まずは初めに

 

<ある程度は>

  • somewhat: いくぶん

 

<万一のために>

  • just in case: 万一のために
  • just to be sure: 確認のために

 

 

例文

例文はコチラです。

 

「さしあたっての間」

「さしあたっての間」の意味の例文です。

 

For now, I don’t want to change anything.

For the time being, I don’t want to change anything.

For the present, I don’t want to change anything.

(とりあえずはいまのところ、私は何も変えたくない)

 

It’s a bother to clean up.

It’s a hassle to clean up.

(掃除めんどうくさい)

 

I don’t feel like going to work.

(仕事に行きたい気がしない)

 

That’s troublesome.

(それは面倒だな)

 

「まずは最初に」

「まずは最初に」の例文です。

 

First of all, it is important to provide them with the information.

(とりあえずは、彼らに情報を提供することが大切だ)

 

ある程度は

「ある程度は」の例文です。

 

I’m somewhat satisfied with the result.

(わたしはとりあえずはその結果に満足している)

 

「万一のために」

「万一のために」の例文です。

 

Just in case you don’t know it, I will tell you the truth.

(一応君が知らないといけないから、わたしは君に真実を教えよう)

 

I’ll let him know it just to be sure.

(一応念のため、彼にそれを知らせておくよ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲します。

 

ポイント

<さしあたっての間>

  • for now: いまのところ、当分は
  • for the time being: いまのところ、当分は
  • for the present: いまのところ、当分は

 

<まずは最初に>

  • first of all: まずは初めに

 

<ある程度は>

  • somewhat: いくぶん

 

<万一のために>

  • just in case: 万一のために
  • just to be sure: 確認のために

 

 

英語と日本語は構造がだいぶ違うので、単なる直訳ではなく「結局何を言っているのか?」を考えることがとても重要です。

 

ぜひ、頭の中で変換する癖をつけてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント