【サクッと英会話】「めんどうくさい」を英語で言うと?【全7パターン】

サクッと英会話

 

今回は「めんどうくさい」を英語で表現してみました。

 

日常会話でよく出てきそうな表現ですね。

 

一体どのように表現できるのか? サクッと確認してみましょう!

 

「めんどうくさい」を英語で言うと?

「めんどうくさい」の英語表現例は下記の通りです。

 

ポイント

<よく使う定型表現>

  • It’s a bother. : めんどうくさい(botherが「面倒/厄介なもの」)
  • It’s a hassle. : めんどうくさい(hassleが「煩わしいこと」発音は/hǽsl/)
  • It’s a bother/hassle to V.: Vするのがめんどうくさい
  • don’t feel like Ving: Vしたい感じがしない
  • That’s troublesome.: それは厄介だな(troublesomeが「やっかいな」)

 

<その他の単語>

  • annoying: いらいらさせる
  • hate Ving: Vするのが嫌だ

 

 

例文はコチラです。まずは鉄板の定型表現からです。

It’s a bother.

It’s a hassle.

(めんどうくさい)

 

It’s a bother to clean up.

It’s a hassle to clean up.

(掃除めんどうくさい)

 

I don’t feel like going to work.

(仕事に行きたい気がしない)

 

That’s troublesome.

(それは面倒だな)

 

 

その他単語を使った例文はコチラです。

He is so annoying.

(彼はとてもうっとうしい)

 

I hate doing this job.

(この仕事をするのが嫌だ)

 

 

気に入った表現があれば何度か音読してみてください! 表現を自分のものに出来ますよ!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント