【サクッと英会話】「どのくらいのパーセンテージで〇〇ですか」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「どのくらいのパーセンテージで〇〇ですか」を英語で表現してみました。

 

日本語でよく使う表現ですが、英語では何というのか?

 

サクッと確認してみましょう!

 

「どのくらいのパーセンテージで〇〇ですか」を英語で言うと?

「どのくらいのパーセンテージで〇〇ですか」の英語表現例は下記の通りです。

 

ポイント
  • What is the percentage of~?: ~のパーセンテージはいくつですか?
  • What percentage of ○○~?:どのくらいのパーセンテージの〇〇が~するのだろう?(what percentage~を主語の位置に持ってくる)
  • How many 〇〇~?: どのくらいの〇〇が~するの?
  • How many 〇〇 in a hundred~?: 百当たりどのくらいの○○が~するの?

 

 

パーセンテージという表現を使う場合、「どのくらい」ということでHowを使いたくなってしまうところですが、「パーセンテージはなんなの?」と数字がなんなのか聞くということで、Whatを使うのだと押さえておきましょう。

※「何時?」と聞くのに”What time is it now?”と言うのと似ていますね

 

 

また、後ろにmany (形容詞)を置く場合は、形容詞との相性が良いhowを使いましょう。

 

 

例文はコチラです。

What is the percentage of the cars made for export?

(車の輸出のパーセンテージはどのくらいですか?)

 

What percentage of the cars are exported?

(どのくらいのパーセンテージの車が輸出されていますか?)

 

How many people in your country can speak English?

(あなたの国では、どれくらいの人々が英語を話せますか?)

 

How many people in a hundred can speak English in your country?

(あなたの国では、100人当たりどれくらいの人々が英語を話せますか?)

 

 

 

自分の気に入った表現を見つけたら、何度も音読して、日常英会話で口からスッと出てくるようにできると良いですね。

 

おわりに

いかがでしたか? 頭で理解したら、何度か口に出してみると良いと思います。

 

特に実際の会話で使ってみると効果抜群で、頭に強く焼き付きます。オンライン英会話なら格安&手軽にできるのでとてもおススメです。特にDMM英会話は安い&講師や教材の質がダントツに高いのでオススメです。

 

いまなら無料でレッスンを受けられるので、試しにトライしてみてはいかがでしょうか。手ごたえがなければすぐ解約できます。

 

 

 

また、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書をいくつか挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 英文法・語法 Vintage 3rd Edition
  4. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

英文法・語法 Vintage 3rd Editionは大学受験用の参考書ですが、単元別に重要表現が網羅的にまとめられているのでおススメです。語法もコンパクトにまとめられているので、手元にあると重宝します。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

コメント