【サクッと英会話】「上級国民」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「上級国民」を英語で表現してみたいと思います。

 

ここ数年盛り上がりを見せているこの表現。一体英語ではどのように表現するのでしょうか?

 

一緒に考えていきましょう!

 

「上級国民」を英語で言うと?

上級国民」の英語表現例は下記の通りです。

 

ポイント

・the privileged class:特権階級(privileged 特権的な)

・the upper class: 上流階級

・the ruling class: 支配層(rule 支配する)

・the elite: エリート

 

 

なお、「一般国民」に対する「上級国民」という意味では、theを付けるのが良いと思います。theには全体に対する一部という意味があります。「全国民」という全体に対する一部の「上級国民」に言及する場合、theを付ける方が、「一般国民/上級国民」という対比構造がより鮮明になると思います。

 

※theの詳しいニュアンスについては下記の記事で説明しています。

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

 

例文はコチラです。

Whatever the privileged class does, they do not get arrested.

(上級国民が何をしようとも、彼らは逮捕されない)

 

The ruling class is extralegal.

(支配層は法の適用外にある)

※extralegal: 超法規的な、法の規制を受けない(extra: 外、legal: 法律)

 

 

日本の素晴らしい慣習について、外国の方に英語で説明できるようになると良いですね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント