【サクッと英会話】「ぴえん」を英語で言うと?

サクッと英会話

 

今回は「ぴえん」を英語で表現してみたいと思います。

 

若者の間で流行っていると噂の言葉。一体どんな表現になるのか?

 

サクッとご紹介いたします!

 

「ぴえん」を英語で言うと?

「ぴえん」の英語表現例は下記の通りです。

 

ポイント
  • I’m crying. (泣きそう)
  • I feel like crying. (泣きたい気分だ)
  • I can’t help laughing. (笑うしかない)

 

 

ぴえんは軽い文脈で「えーん(涙)」と言うために使われる言葉(とわたしは理解している)なので、I’m crying.が個人的には一番ぴたりと来るかなと思います。

 

cryが「泣く」という動詞ですが、それを進行形にすると「泣くという状態に向かっている ⇒泣きそう」という意味になります。

(他にも同様の発想で、I’m dying.は「死にそう」という意味になります)

 

 

その他、feel like Ving「Vしたいように感じる」や、can’t help Ving「Vせざるを得ない」を使って表現しても良いかなと思います。

 

特に最後の表現は、“I can’t help crying.”としても良いですが、「ぴえん」には「つい笑っちまうぜ」的な軽い気持ちが含まれていると考え、あえて“I can’t help laughing.”としてみました。

 

 

 

「流行りの言葉を英語で置き換えたらどうなるかな?」と考えるのは楽しいし、頭を柔らかくする良い体操にもなります。

 

「こんな訳はどうだ!」というものがあれば、ぜひぜひコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
サクッと英会話
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント