【超決定版】searchとsearch forの違いとは

 

突然ですが、search his bagとsearch for his bagの違いはわかりますか?

 

同じようなものじゃないの?

 

 

 

実は大違いなのですね。今回はsearchとserach forの違いをサクッとまとめてみたいと思います。

 

searchとserach forの違い

searchとsearch forの違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • search A: Aを捜す/検査する (Aは捜す場所)
  • search for B: Bを求めて捜す (Bは捜すモノ)

 

  • search A for B: Bを求めてAを捜す

 

 

わかるような、わからないような…

 

たとえば、先ほどのsearch his bag (search A)とsearch for his bag (search for B)で考えてみましょう。

①The police officer searched his bag.

(警察官は、彼のバッグを検査した)

 

②The police officer searched for his bag.

(警察官は、彼のバッグを捜した)

 

search A

①のsearched his bagは、「怪しいものが入っていないか、彼のバッグ(=場所)を捜した」というイメージです。

 

動詞の後ろに直接名詞が来る場合(目的語 Oになっている場合)、その名詞に直接影響を及ぼすイメージが付くことが多いです。searched his bagの場合、searchedという動詞の影響を、his bagという名詞に直接及ぼしているイメージです。

 

つまり、「バッグの中を捜す」というイメージになります。

 

search for B

一方、②のsearched for his bagは、「失くしてしまったので、彼のバッグを求めて捜す」というイメージです。

 

下記の例を見てもわかる通り、forには「ある方向に矢印が伸びている」イメージが伴います。

  • a present for you (君のためのプレゼント)
  • I left for Osaka. (大阪へ向け出発した)

 

searched for his bagでは、his bagに向けて矢印が伸びています。つまり、「(なくした) バッグを求めて捜す」というイメージになるのですね。

 

※前置詞forのイメージは下記にまとめてあります。前置詞がわかると英語が一気にわかるので、超オススメですよ!

【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

 

search A for B

さらに応用編として、「search A for B: Bを求めてAを捜す」というものがあります。

 

ただ、これは先ほどのsearch Aとsearch for Bが組み合わされたものと考えれば大丈夫です。「Aという場所を」「Bを求めて捜す」のですね。

The police officer searched his bag for the cannabis.

(警察官は、大麻を求めて彼のバッグを捜した)

 

 

これは、「大麻があるんじゃないかと、彼のバッグをガサゴソと探った」という意味ですね。

 

 

おわりに

いかがでしたか? 落とし穴になりがちなsearchの用法でした。

 

こういった日本人が間違いやすい表現はイメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOKによくまとまっています。書店によっては置いていないこともありますが、読み物としてとても面白いのでお勧めです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント