【本質から理解!】前置詞forのイメージとは【forの意味一覧】

前置詞

 

今回紹介するのは前置詞forです。

 

一体どのような意味・イメージを持っているのでしょう?

 

図入りでわかりやすく説明します!

 

forのイメージは”before”??

forの一番根幹にあるイメージは、矢印の方向性です。

 

目標に到達はしていないのだけれど、そちらへ向かって進んでいく感じです。

 

 

 

あともう一つ押さえておいて欲しいのが、

昔はforの代わりにbeforeが使われていたというコトです。

 

 

ホント?

 

 

 

驚きですよね。

 

しかし、そこから話を始めると、様々に派生したforの意味もスッと理解できるようになります。

 

 

  • 矢印の方向性
  • 昔はbeforeの代わりに使用

 

この二点を頭に入れたうえで、forの意味を見ていきましょう!

 

「~の代わりに(交換・代理)」

昔ですから、当然争いごとも多かったわけです。 (いまも多いかもしれませんが…)

 

例えば、戦場で誰かの前に立てば、それは「誰かの代わりに = 交換・代理」という意味になりますよね。

 

 

「交換・代理」の意味で使われている表現がコチラです。

He exchanged JPY for USD.

(彼は日本円をアメリカドルと交換した (両替した))

 

「~の割には」

また、モノを交換するときは二つのモノを見比べて、

「自分は損をしていないかな?」と考えますよね。

 

 

このように、見比べるニュアンスが前面に出れば「~の割には」という意味にもなります。

He looks young for his age.

(彼は年の割には若く見える)

 

「~のために」

戦場で誰かの前に立てば、「~のために」という意味にもなりますよね。

コチラはおなじみの訳し方だと思います。

 

He prepared for the university entrance exams.

(彼は大学入試のために準備をした)

 

He bought the present for her.

(彼は彼女のためにそのプレゼントを買った)

 

「~したために (理由)」

これは日本語から考えればわかりやすいかもしれません。

「~のために」というところから、「~したために(理由)」の意味でも使われます。

 

 

Thank you for your help.

(手助けありがとう = あなたの手助けが理由で感謝する)

 

I don’t like him, for he is noisy.

(わたしは彼が好きではない。というのも彼は、うるさいからだ)

 

 

 

下のforの用法は、試験でたまに狙われるので押さえておきましょう。

 

 

forは接続詞として、

~, SV- :~だ。というのも、SV-だからだ 

のように使われることがあるのですね。

 

後ろから理由を付け加えるイメージですね。

 

「~を支持して」

「~のために」という気持ちの方向性が前面に出れば、「~を支持して」という意味にもなります。

 

I am for your opinion.

(わたしはあなたの意見に賛成だ)

 

 

なお、これと対となる表現はagainst「~に反対して」です。

I am against your opinion.

(わたしはあなたの意見に反対だ)

 

「~へ向かって」

「~のために」という気持ちの方向性が物理的に出れば、「~へ向かって」という意味にもなります。

 

冒頭で紹介した、矢印の方向性のイメージですね。

 

I left Tokyo for Kyoto.

(わたしは東京を出発し、京都へ向かった)

 

This train is bound for Tokyo.

(この電車は東京行きだ)

 

 

なお、

  • leave A for B: Aを出てBへ向かう
  • be bound for~: ~行き

です。

 

「~間(時間の長さ)」

最後はこれまでの説明から少し外れますが、「~間(時間の長さ)」という意味も押さえておきましょう。

 

これはおなじみの表現ですので、比較的楽に理解できると思います。

 

He kept me waiting for three hours.

(彼はわたしを3時間待たせた)

 

 

最後は強引!

 

おわりに

多少強引な部分も否めませんが、イメージをつかんでおくと、丸暗記せずに済みますね!

 

最後にこれまでの意味一覧をまとめておくので、今後の学習にお役立てください。

 

forの主要な意味一覧
  1. 「~の代わりに(交換・代理)」
  2. 「~の割には」
  3. 「~のために」
  4. 「~したために (理由)」
  5. 「~を支持して」
  6. 「~へ向かって」
  7. 「~間(時間の長さ)」
※beforeが原義にあることと、「方向性」のイメージが根底にあることを意識しましょう!

 

 

 

なお、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  2. […] 参考記事①:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  3. […] ※forの用法まとめはコチラ:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは【forの意味一覧】 […]

  4. […] 参考:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  5. […] 【本質から理解!】前置詞forのイメージとは【fromの意味一覧】 […]

  6. […] 【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  7. […] 【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  8. […] 【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]

  9. […] 【本質から理解!】前置詞forのイメージとは […]