【決定版】「結婚する」marry/married to/married with⁈

基本単語

 

今回は「結婚する」という表現についてまとめてみたいと思います。

 

これは結構くせもので、「~と結婚する」というときにはmarry withと言いたくなるんですが、これはNG。ただし、be married withは、一応表現としては存在する…というなんとも厄介な表現です。

 

本記事では、そんな混迷のmarryをサクッとまとめてみました。これでアナタもいつでも結婚できる…ハズ!

 

「結婚する」まとめ

「結婚する」のまとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • marry 人: 人と結婚する(動き

 

  • get married to 人: 人と結婚する(動き
  • be married to 人: 人と結婚している(状態

 

  • be married with 子供: 結婚して子供がいる(状態

 

 

まず、「marry 人: 人と結婚する」と「get married to 人: 人と結婚する」は「結婚していない⇒結婚する」という動きを示すイメージがあります。

 

getを使うとtoが必要になるのがポイントです。”I went to Osaka. (私は大阪に行った)”からもわかる通り、toには「到達」のイメージがあります。「get married to 人」は「結婚して誰かに到達した/くっついた」イメージでとらえると良いですね。

 

 

一方、be動詞を使用すると「be married to 人: 人と結婚している」という状態を表すことになります。

 

 

さらに、「marryはwithとは使えない!」と教えられることが度々あり、上記のケースでは実際その通りなのですが、一応使えるパターンも存在します。

 

それが「be married with 子供: 結婚して子供がいる」です。これは「be married」と「with 子供」の部分を切り離して考えると良いです。「be married: 結婚している / with 子供: 子供のいる状態で」というイメージでしょう。

 

 

下記には例文を示しました。用法を実際の文で確認してみてくださいね。

Tom married Mary.

Tom got married to Mary.

(トムはメアリーと結婚した)

 

Tom is married to Mary.

(トムはメアリーと結婚している)

 

Tom is married with three children.

(トムは結婚して3人の子供がいる)

 

おわりに

いかがでしたか? 意外と難しいmarryの用法の話でした。

 

他にもややこしい他動詞というのはいくつかあり、そちら下記の記事にまとめてあります。よろしければご覧くださいね。

【必見!】自動詞と間違えやすい他動詞一覧

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント