【語源で理解】conductとbehavior「行動」の違いとは【イメージでわかる】

基本単語

 

今回は「行動」という単語の違いについて考えてみたいと思います。

 

「行動」という単語にはconductとbehaviorがありますが、何がどう違うのでしょうか?

 

サクッと確認してみましょう!

 

conductとbehavior「行動」の違い

conductとbehavior「行動」の違いは下記の通りです。

 

ポイント
・behavior: (個人の)行動
・conduct: (個人の)行動、(道徳や犯罪、職業などに関する)行動
※conductの方が堅い

 

 

 

個人の行動を意味するときはどちらも使用可能ですが、conductの方が堅い印象を与えます。

 

一方、その行動が社会性を帯びている場合(道徳、犯罪、職業など)は、conductが好まれます。

 

 

どうしてだろう?

 

 

これはconductの語源を考えるとわかりやすいです。

 

conductは、

  • con: ともに
  • duct: 導く

 

 

「誰かと一緒に何かを導く」というところからconductは成り立っているのですね。conductの方が「社会性を帯びた行動」となるのも納得です。

 

※語源に興味がある方はぜひこちらのページをご覧ください。

【英語語源】語根一覧

 

 

例文はこちらです。

Please forgive him for his rude behavior.

Please forgive him for his rude conduct.

(彼の無礼な行動をお許しください)

※forgive 人 for コト: 人のコトを許す

 

The reporter was accused of unprofessional conduct.

(そのレポーターはプロフェッショナルでない行動で非難された)

 

He was arrested for the disorderly conduct.

(彼は治安を乱す行動が理由で逮捕された)

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント