【接続詞との違いは?】接続副詞の意味・用法まとめ

接続詞

 

今回は接続副詞を超わかりやすく説明したいと思います。

 

接続副詞ってなに? 接続詞との違いは?

 

 

そんな疑問にもサクッとお答えいたします。文法問題はもちろん、英作文で必須の知識ですよ!

 

接続副詞の意味・用法まとめ

接続副詞の意味・用法まとめです。

 

 

ポイント
<接続副詞の意味まとめ>

★付け足し系

  • besides: その上
  • also: その上
  • moreover: その上
  • then: それから

 

★逆説系

  • however: しかしながら(文中や文末での使用も可。その場合はカンマで挟む)
  • nevertheless: それにもかかわらず
  • still: それでもなお
  • yet: しかし

 

★選択系

  • or else: さもないと
  • otherwise: さもないと

 

★因果系

  • therefore: それゆえ、したがって
  • thus: したがって
  • consequently: その結果、したがって
  • accordingly: その結果、したがって
  • hence: それゆえ

 

★付加説明系

  • that is (to say): すなわち
  • i.e. : すなわち(主に書き言葉で)
  • namely: すなわち
  • for example: 例えば
  • for instance: 例えば

 

 

<用法>

  • 接続詞と違い、原則として直前にカンマ , を置いてつなぐことは出来ない(例外的にカンマ , でつなぐこともある)
  • 代わりに、直前にピリオド . やセミコロン ; を置いてつなぐ
  • 文中や文末に置くこともできる(その場合はカンマ , で挟む)
  • and、or、butとセットで使うのは下記の表現

and also: そしてまた、and so: だから、and then: そのあとで、and therefore: それによって、and yet: それにもかかわらず、but still: それでも、or else: さもないと

 

 

 

一体どういうことなのか? 例文付きで具体的に確認していきましょう。

 

具体的な用法

具体的な用法を見ていきましょう。

 

基本パターン

まずは基本パターンから確認していきましょう。接続副詞とは、「接続詞っぽい意味を持つ副詞」です。意味は接続詞のようなのですが、文と文とをつなぐことはできないのです。

 

 

もう少し具体的に言うと、直前にカンマ , を置いてつなぐことが出来ません。

 

 

典型的には、

  • 接続詞 but
  • 接続副詞 however

が挙げられます。

 

 

butは接続詞なので、直前にカンマ , を置いて文と文とをつなげます。(逆に、カンマ , を置かず、文頭でButを使うのは△です)

I was busy then, but I studied hard.

(私はその時忙しかった。しかし、勉強を頑張った)

 

△:I was busy then. But I studied hard.

 

 

一方のhoweverは接続副詞なので、直前にカンマ , を置いて文と文をつなぐことはできません。

ピリオド . で一回区切るか、セミコロン ; で一回緩く区切る必要があります。

I was busy then. However, I studied hard.

I was busy then; however, I studied hard.

(私はその時忙しかった。しかし、勉強を頑張った)

 

 

セミコロン ; の記号をよく見ると、ピリオド . とカンマ , が混ざっていますよね。つまり、二つの中間の存在なのです。文と文とを緩く区切りつつ、緩くつなげることが出来るのですね。

 

そんなわけで、「接続詞っぽいけど実は副詞」という中途半端モノ(?)接続副詞と非常に相性が良いのです。

 

 

※セミコロン ; やコロン : のイメージがわかると、英文読解力・英作文力がワンランクアップします。下記の記事で超わかりやすく説明しているので、ぜひお読みくださいね。

【イメージでわかる】セミコロン;とコロン:の違いを例文で理解

 

 

 

さらに、接続副詞は接続詞ではないので、なんと文中や文末に置くことも出来ます。その場合は接続副詞の前後をカンマ , で挟んでやります。

I was busy then. I, however, studied hard.

I was busy then. I studied hard, however.

(私はその時忙しかった。しかし、勉強を頑張った)

 

 

というわけで、以上のbut/howeverの表現パターンをまとめると下記の通りです。

<but>

I was busy then, but I studied hard.

 

<howeverをピリオド . でつなぐ>

I was busy then. However, I studied hard.

I was busy then. I, however, studied hard.

I was busy then. I studied hard, however.

 

<howeverをセミコロン ; でつなぐ>

I was busy then; however, I studied hard.

I was busy then;I ,however, studied hard.

I was busy then;I studied hard, however.

 

応用パターン①:and/or/butとセットで使用

応用パターン①です。and/or/butとセットで使用される場合です。

 

接続詞であるand/or/butとセットで、接続副詞が使用されることがあります。

  • and also: そしてまた
  • and so: だから
  • and then: そのあとで
  • and therefore: それによって
  • and yet: それにもかかわらず
  • but still: それでも
  • or else: さもないと

 

 

この場合はカンマ , とセットで、文と文とをつなぎながら使用します。(カンマ , ナシでつなぐことも出来ます)

She is kind(,) and also plays tennis very well.

(彼女は親切で、そしてまたテニスがとても上手だ)

 

She studied hard(,) and therefore passed the exam.

(彼女は一生懸命勉強をして、そのため試験に合格した)

 

He must be a good teacher, or else he would not be respected by the students.

(彼は良い先生に違いない。さもなければ、生徒たちには尊敬されていないだろう)

 

応用パターン②:例外的にカンマ , でつなぐ

応用パターン②です。接続副詞は、例外的にカンマ , でつなぐことも出来ます。

 

接続副詞として使われているうちに、接続詞のように意識されるようになったのですね。

 

 

辞書や文法書によっては用例が載っていたり、載っていなかったりとまちまちです。(個人的には、自分で英作文する際は避けた方が良いかなという気もします。覚えるの面倒ですし

 

 

カンマ , 付きで接続詞のようにつながれる接続副詞は下記の通りです。

His opinion may sound strange, yet I think it might be right. *

(彼の意見は奇妙に聞こえる。しかし、私はそれが正しいかもしれないと思う)

 

You have to study hard, otherwise you will fail the exam.

(一生懸命勉強しなきゃいけない。さもないと、試験に落ちるよ)

 

The Japanese economy has worsened, therefore the Japanese are poor now.

(日本経済は悪化してしまった、したがい日本人は現在貧乏だ)

 

* yetは辞書を引くと、接続詞としての分類も載っています

 

 

また、that is to sayやi.e.、namelyなどは、文の途中に挿入されて、付け足し表現として使用されます。

 

この場合、that is to sayやi.e.はカンマ , に挟まれ、namelyは直前にカンマ , を置くだけの形になります。

He came last Friday, that is (to say), 4th of July.

(彼は先週の金曜日にやって来た。すなわち、7月4日だ)

 

I still have relatives living in Japan, i.e., cousins, aunts and uncles.

(私はまだ日本に住んでいる親戚がいます。すなわち、いとこ、叔母、叔父だ)

 

Tom is suffering from two problems, namely time and money.

(トムは二つの問題に苦しんでいる。すなわり、時間とお金だ)

 

おわりに

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲しておきます。

 

ポイント
<接続副詞の意味まとめ>

★付け足し系

  • besides: その上
  • also: その上
  • moreover: その上
  • then: それから

 

★逆説系

  • however: しかしながら(文中や文末での使用も可。その場合はカンマで挟む)
  • nevertheless: それにもかかわらず
  • still: それでもなお
  • yet: しかし

 

★選択系

  • or else: さもないと
  • otherwise: さもないと

 

★因果系

  • therefore: それゆえ、したがって
  • thus: したがって
  • consequently: その結果、したがって
  • accordingly: その結果、したがって
  • hence: それゆえ

 

★付加説明系

  • that is (to say): すなわち
  • i.e. : すなわち(主に書き言葉で)
  • namely: すなわち
  • for example: 例えば
  • for instance: 例えば

 

 

<用法>

  • 接続詞と違い、原則として直前にカンマ , を置いてつなぐことは出来ない(例外的にカンマ , でつなぐこともある)
  • 代わりに、直前にピリオド . やセミコロン ; を置いてつなぐ
  • 文中や文末に置くこともできる(その場合はカンマ , で挟む)
  • and、or、butとセットで使うのは下記の表現

and also: そしてまた、and so: だから、and then: そのあとで、and therefore: それによって、and yet: それにもかかわらず、but still: それでも、or else: さもないと

 

 

 

たくさん英文を読む中で、少しずつ慣れていくのが良いですね。「これどうなんだっけ?」というものがあれば、その都度本記事のことを思い出し、改めて読み返して頂ければ嬉しいです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] 【接続詞との違いは?】接続副詞の意味・用法まとめ […]