【わかる】現在分詞Ving/過去分詞Vp.p.と関係代名詞の書き換え

形容詞・副詞

 

今回は現在分詞Ving/過去分詞Vp.p.と関係代名詞の書き換えをまとめてみました。

 

たとえば、次の文はそれぞれ下記のように書き換えができるのですが、現在形/進行形が使われているのはなぜでしょうか?

 

<進行形で書き換え>

the girl speaking English (英語を話している女の子)

≒ the girl who is speaking English

≠ the girl who speaks English (英語を話す女の子)

 

<現在形で書き換え>

the building belonging to the lady (その婦人に所属している建物 / その婦人所有の建物)

≒ the building which belongs to the lady

≠ the building which is belonging to the lady (←基本的には使用不可)

 

 

今回の記事では、上記の秘密をサクッと説明してみたいと思います。

 

現在分詞Ving/過去分詞Vp.p.と関係代名詞の書き換え

現在分詞Ving/過去分詞Vp.p.と関係代名詞の書き換えのルールまとめです。

 

 

ポイント

【現在分詞Vingの書き換え原則】

  • 動作を示す動詞のとき:進行形で書き換え
  • 状態を示す動詞のとき:現在形で書き換え

 

【過去分詞Vp.p.の書き換え原則】

  • 他動詞のとき:受動態で書き換え
  • 自動詞のとき:現在完了形で書き換え

 

 

詳しくは下記にて確認していきましょう。

 

現在分詞Vingの書き換え原則

現在分詞Vingの書き換え原則からです。

 

動作を示す動詞のとき:進行形で書き換え

まず前提として押さえておきたいのが、Vingには原則として「いまVしている」というイメージが伴うことです。現在進行形にVingが使われることを考えても、このことは明らかですね。

 

つまり、関係代名詞で書き換えを行うときは、「いまVしている」というイメージをそのまま生かすために、原則として進行形を使うことになります。

 

下記の例では、「speak: 話す」という動作を示す単語が使われており、進行形で書き換えられています。

<進行形で書き換え>

①the girl speaking English (英語を話している女の子)

≒ ②the girl who is speaking English

≠ ③the girl who speaks English (英語を話す女の子)

 

 

ちなみに、進行形には「短時間/一時的に」その行為を行っている、というニュアンスがある(詳しくは次の項目で説明します)ので、①、②は「今、一時的に英語を話している」というニュアンスになります。

 

一方、現在形は「いつもやっていること」というニュアンスを持つので、③では「いつも英語を話している」というニュアンスを持つことになります。

 

※たとえば、”I get up at six every day. (毎日6時に起きる)”は、「いつも6時に起きている」という意味ですよね。このように、現在形は「いつもやっていること」というニュアンスを持ちます。

 

状態を示す動詞のとき:現在形で書き換え

一方、進行形との相性が良くない単語というものが存在します。それは、状態動詞と呼ばれるものです。

 

状態動詞が進行形にできない理由を理解するためには、進行形のニュアンスを理解する必要があります。

 

 

進行形には「短い時間/一時的に」というニュアンスがあります。

 

たとえば、“I am watching TV now. (いまテレビを見ている)”という文は、「(せいぜい数時間の)一時的にテレビを見ている」というニュアンスを含んでいます。

 

「1年間ぶっつづけでテレビを見ている」という状況は想像しにくいですよね。ここからわかるように、進行形は「短い間/一時的に」というイメージを持つのですね。

 

 

一方、状態動詞とは一定期間継続する動詞のことです。たとえば「know: ~を知っている」は状態動詞の代表格ですが、一度何かのことを知れば、「知っているという状態」は当分の間続きますよね。

 

状態動詞は当分の間続く意味を持つので、進行形が持つ「短い間/一時的に」という意味合いとは相性が悪いのです。

 

 

したがい、現在分詞Vingを関係代名詞で書き換える際は、進行形ではなく現在形を使用する必要があるのです。

<現在形で書き換え>

the building belonging to the lady (その婦人に所属している建物 / その婦人所有の建物)

≒ the building which belongs to the lady

≠ the building which is belonging to the lady (←基本的には使用不可)

 

 

※ちなみに、進行形が原則不可の動詞については、【まとめて理解!】進行形にできない動詞とは?にさらに詳しくまとめてあります。5分程度で読めるのでぜひ目を通してみてくださいね。

 

【過去分詞Vp.p.の書き換え原則】

次に過去分詞Vp.p.の書き換え原則です。

 

過去分詞Vp.p.が他の名詞を修飾する際、

  • 他動詞なら「~される/された(受動態)」
  • 自動詞なら「~した/してしまった(完了)」

の意味になるという原則があります。

 

この原則を押さえておけば、書き換えのルールがすんなり理解できると思います。

 

他動詞のとき:受動態で書き換え

他動詞のときは受動態で書き換えます。

 

これは、過去分詞Vp.p.が他の名詞を修飾する際、

  • 他動詞なら「~される/された(受動態)」

という意味を持つためですね。

 

 

つまり、下記のように書き換えることが出来ます。

<受動態で書き換え>

the mountain covered with snow (雪で覆われた山)

≒ the mountain which is covered with snow

 

自動詞のとき:現在完了形/過去形で書き換え

自動詞のときは過去形/現在完了形で書き換えます。

 

これは、過去分詞Vp.p.が他の名詞を修飾する際、

  • 自動詞なら「~した/してしまった(完了)」

という意味を持つためですね。

 

 

つまり、下記のように言い換えることが出来ます。

<現在完了形で書き換え>

the train just arrived at the station (駅にちょうど着いた電車)

≒ the train which has just arrived at the station

 

※ちなみに、複数の文法書を調べてみましたが、基本的には現在完了形で書き換えるようでした。ただ、文脈次第では過去形で書き換えるのもアリ(?)かもしれません。どなたか詳しい方がいれば、コメント欄にてご教示頂ければ幸いです。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めて全体像を眺めてみましょう。

 

ポイント

【現在分詞Vingの書き換え原則】

  • 動作を示す動詞のとき:進行形で書き換え
  • 状態を示す動詞のとき:現在形で書き換え

 

【過去分詞Vp.p.の書き換え原則】

  • 他動詞のとき:受動態で書き換え
  • 自動詞のとき:現在完了形で書き換え

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント