【決定版】onを使う熟語・定型表現まとめ一覧【イメージで理解】

前置詞

 

onを含む熟語についてまとめてみました。

 

100個弱あります。

 

大学受験はもちろん、各種資格試験、英会話も、onに関する定型表現はこれだけ覚えておけばOKです。

 

※動画としてもアップしています。作業用のBGMにぜひ。

https://youtu.be/xWok5VDywe8
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

onを使う熟語まとめ一覧

こちらがonを使う熟語まとめ一覧です。

 

onが持つ大まかな意味ごとにざっくりわけてあります。

 

onには、

  1. 「~の上に(接触)」
  2. 「~するとすぐ」
  3. 「~に従事して、~の状態で」
  4. 「~について、関して」
  5. 「依存」
  6. 「継続」
  7. 「影響」

といった意味があるのですね。

 

 

なお、上のonの意味一覧を見ても「?」という方は、下記の記事もお読みくださいね。超わかりやすく&さらに詳しくまとめてあります。onって面白いんです。

【本質から理解!】前置詞onのイメージとは

 

「~の上に(接触)」

「~の上に(接触)」の意味で使われている表現です。

 

  • attend on~: ~に仕える (attend: 出席する、参加する、世話をする)
  • blame A on B: AをBのせいにする
  • drop on~: をちょっと訪ねる(drop at~: 場所をちょっと訪ねる)
  • enter on~: ~を始める (≒~の上に入っていく)
  • get on: 暮らしていく
  • get on with~: ~がはかどる、うまくいく (接触⇒ある状態の継続)
  • get on one’s nerve: ~の神経に触る (≒ 神経の上に到達する)
  • fall on~: ~にあたる、~を襲う (「記念日は土曜日に当たる」など、≒~の上に落ちる)
  • hit on~: ~を思いつく (≒~の上にヒットする)
  • keep an eye on~: ~から目を離さない、~を注意して見る
  • lay emphasis on~: ~を強調する (≒~の上に強調を置く)
  • lay stress on~: ~を強調する (≒~の上に強調を置く)
  • look on A as B: AをBとみなす (≒AをBとして見る)
  • on behalf of~: ~のために、~に代わって (behalf: 利益、「≒~の利益の上に立って」と考える)
  • on occasion(s): ときどき (occasion: 時、折)
  • on the contrary: それどころか (contrary: 逆、「≒逆の側にある」と考える)
  • on the other hand: 他方では
  • on the spot: その場で
  • on the part of~: ~の側では
  • on top of~: ~に加えて、~の上に
  • put on~: ~を着る、身につける
  • put on airs: 気取る (≒airs: 気取った態度)
  • put on weight: 体重が増える (⇔loose weight: 体重が減る)
  • try on~: ~を着てみる
  • turn on~: ~をつける、~を攻撃する
  • on the whole: 概して (whole: 全体、全部)

 

「~するとすぐ」

「~するとすぐ」の意味で使われている表現です。

 

  • on end: 続けて (=終わるとすぐ)
  • on time: 時間通りに
  • on Ving: Vするとすぐ

 

「~に従事して、~の状態で」

「~に従事して、~の状態で」の意味で使われている表現です。

 

  • on the air: 放送中で
  • on business: 仕事で
  • on duty: 勤務中で (duty: 義務)
  • on fire: 燃えている
  • on one’s guard: 用心して
  • on one’s way: 途中で
  • on strike: ストライキ中で
  • on the increase: 増加中で
  • on the decrease: 減少中で
  • on the go: 働きづめで (≒「行く」状態が継続する)
  • catch on: 人気を博する (≒キャッチした状態になる)

 

なお、「状態」系の表現はat/inなどにもあります。それらは下記の記事にてまとめていますので、よろしければぜひ目を通してくださいね。

【決定版】「状態」を示すin/on/atの違いまとめ

 

「~について、関して」

「~について、関して」の意味で使われている表現です。

 

  • be bent on~: ~を決心している、~に熱中している (bentは「bend: 曲げる」の過去分詞。~について意識などを曲げて集中させている、と考える)
  • be dependent on~: ~に頼る、~次第である
  • be hard on~: ~につらく当たる
  • be intent on~: ~に没頭している、熱中している (intent: 集中した)
  • be keen on~: ~に熱中している (keen: 熱心な)
  • concentrate (A) on B: AをBに集中させる、Bに集中する
  • congratulate 人 on モノ: 人をモノについて祝う
  • cut down on~: ~を減らす
  • decide on~: ~に決定する (≒~について決定をする)
  • draw on~: ~を引きつける、~に近づく (≒~について引く)、~を頼る (依存の意)
  • dwell on~: ~を詳しく述べる、くよくよ考える (dwell: 住む、暮らす)
  • insist on~: ~を主張する (≒~について要求する)
  • look down on~: ~を見下す (≒~について下に見る)
  • look back on~: ~を振り返る (≒~について後ろを見る)
  • on A terms with B: BとAの間柄だ
  • on account of~: ~の理由で (account: 計算・理由・説明、「≒~の理由に基づいて」と考える)
  • pride oneself on~: ~が自慢である (≒~について誇りに思っている)
  • reflect on~: ~を熟考する (≒~について熟考する)
  • spend お金/時間 on ~: お金/時間を~に費やす
  • take on~: ~を引き受ける (≒~について取る)
  • wait on~: ~に仕える (≒~について待つ)
  • work on~: ~に影響を与える、~に取り組む (≒~について作用する)

 

「依存」

「依存」の意味で使われている表現です。

 

  • be based on~: ~に基づいている
  • depend on~: ~に頼る、~次第だ
  • draw on~: ~に頼る ( 「~について」の意で、「~を引きつける、~に近づく」といった意味になることも)
  • count on~: ~に頼る、当てにする
  • fall back on~: ~に頼る、~次第だ
  • hang on~: ~次第だ(接触⇒ある状態の継続ということで、「電話を切らずにおく」「~にしがみつく」の意も)
  • on one’s own: 独力で、一人だけで (≒自分自身に頼って)
  • on purpose: 故意に (purpose: 目的)
  • on the ground(s) of~: ~という理由で (ground: 地面・理由・根拠、「≒~の根拠に基づいて」と考える)
  • rely on~: ~に頼る
  • rest on~: ~に頼る
  • live on~: ~を常食とする、~に頼って生活する
  • feed on~: ~を常食とする (feedは「えさをやる」という意味なので、主語は人間ではなく動物で使用される)

 

「継続」

「継続」の意味で使われている表現です。

 

  • and so on: 等々
  • carry on (~): (~を)続ける
  • go on Ving: Vし続ける
  • hang on~: 電話を切らずにおく、~にしがみつく (依存で「~次第だ」の意も)
  • keep on Ving: Vし続ける
  • on and on: 引き続き、どんどん
  • on and off: 時々、断続的に

 

「影響」

「影響」の意味で使われている表現です。

 

  • act on~: ~に作用する (「影響」)、~に基づいて行動する (「依存」)
  • have an effect on~: ~に影響がある
  • have an influence on~: ~に影響がある
  • have an impact on~: ~に影響がある
  • impose A on B: AをBに課す、押しつける
  • impose on~: ~をだます
  • play a trick on~: ~に悪ふざけをする
  • play a joke on~: ~に悪ふざけをする
  • tell on~: ~に効き目がある

 

おわりに

いかがでしたか?

 

onのイメージをつかんだうえで各表現を見てみると、意味が頭に入りやすくなりますよ! 前置詞onが持つ詳しいイメージは、下記の記事にまとめてあるのでぜひお読みくださいね。

【本質から理解!】前置詞onのイメージとは

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 基本単語 基本表現・語源 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント