【クジラの構文】no more~than…を一発で覚える方法

比較

 

今回は「クジラの構文」を取り上げます。no more~than…というやつですね。

 

あのゴチャゴチャしたやつ…

 

 

大丈夫です。

 

一見ごちゃごちゃしていますが、実は一発で覚える方法があるのです。

 

今回は似たような表現もまとめてみましたので、一緒に押さえてしまいましょう!

 

クジラの構文の例文

no more~than…で、「~でないのは、…でないのと同じことだ」と訳します。

 

まずは例文を見てみましょう。

A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

一番言いたいのは、「クジラは魚じゃないよ!」というコトです。

 

そのために「馬は魚じゃない」という当たり前のコトを引き合いに出し、

「クジラは魚じゃない」コトを際立たせているわけです。

 

どうしてこんな訳になるの…?

 

 

クジラの構文の構造と訳し方を見ていきましょう。

 

クジラの構文の訳し方

クジラの構文の訳し方は、全部で3ステップに分けられます。

 

先ほどの例文

A whale is no more a fish than a horse is.

で見てみましょう。

 

クジラの構文訳し方
  1. thanの前後で二つに分ける →①A whale is no more a fish / ②a horse is
  2. ②の構文を①の構文とそろえる →①A whale is no more a fish / ②a horse is a fish
  3. 「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳す →クジラが魚でないのは、馬が魚出ないのと同じことだ

 

 

まず最初のポイントは、thanの前後で文を二つに分けることです。

 

①A whale is no more a fish

②a horse is

という感じですね。

 

 

次に、②の文を①の文にそろえます。②では同じことの繰り返しを避けるため、一部単語が省略されていることが多いんですね。そのため、省略を補って考えてみます。

 

①A whale is no more a fish

②a horse is a fish

赤字が省略部分ですね。

 

 

最後に、「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳します。

 

①でない、

②でないのと同じ

のように、「~でない」と訳をそろえることを意識してください。

文末に「同じことだ」と入れれば完成です。

 

冒頭の例文を改めてみてみるとこんな感じです。今度はスッと頭に入ってきますね!

A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

その他類似表現

そのほかの類似表現を取り上げます。

 

全部で二つ。基本はクジラの構文と全く同じです。

 

not~any more than…

not~any more than…で、「~でないのは…でないのと同じことだ」と訳します。

 

訳は、クジラの構文と全く同じですね。

 

thanの前後で分け、省略部分を補い、

最後に

①でない

②でないのと同じ

と訳してください。

 

A whale is not a fish any more than a horse is.

= A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

no less~than…

no less~than…で、「~なのは、…なのと同じことだ」と訳します。

 

例文を見てみましょう。

Mary is no less beautiful than Judy is.

(メアリが美しいのは、ジュディが美しいのと同じことだ)

 

 

基本は、no moreのときと同じですね。

 

まずthanの前後で文を二つに分けます。

①Mary is no less beautiful

②Judy is

 

次に、②の文を①の文にそろえます。省略を補うわけですね。

①Mary is no less beautiful

②Judy is beautiful

 

最後に、「①であるのは、②であるのと同じことだ」と訳します。

①である、

②であるのと同じ

のように、「~である」と訳をそろえることを意識してください。

文末に「同じことだ」と入れれば完成です。

 

お気づきの方もいる通り、

no moreでは「~でない」と訳しましたが

no lessでは「~である」と訳しています。

 

Mary is no less beautiful than Judy is.

(メアリが美しいのは、ジュディが美しいのと同じことだ)

 

 

Maryの美しさが、Judyの美しさに劣ってない(=no less)

→MaryもJudyも美しい

 

のように考えると、no lessが肯定的に訳される理由もわかりますね。

 

 

逆に、クジラの場合は

whaleは魚以上ではない(=no more)

→whaleもhorseも魚ではない

 

なので、no moreが否定的に訳されていたわけです。

 

まとめ

最後にまとめです。今回のポイントをまとめます。

 

クジラの構文まとめ
  • no more~than…:~でないのは、…でないのと同じことだ
  • not~any more than…:~でないのは、…でないのと同じことだ

 

  • no less~than…:~であるのは、…であるのと同じことだ

 

 

クジラの構文訳し方
  1. thanの前後で二つに分ける →①A whale is no more a fish / ②a horse is
  2. ②の構文を①の構文とそろえる →①A whale is no more a fish / ②a horse is a fish
  3. 「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳す →クジラが魚でないのは、馬が魚出ないのと同じことだ

 

 

以上です!

 

これで苦手分野も一つ減りましたね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] 【クジラの構文】no more~than…を一発で覚える方法 […]