【クジラの構文】no more~than…を一発で覚える方法

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「クジラの構文」を取り上げます。

no more~than…というやつですね。

 

あのゴチャゴチャしたやつ…

 

 

大丈夫です。

 

一見ごちゃごちゃしていますが、実は一発で覚える方法があるのです。

 

今回は似たような表現もまとめてみましたので、一緒に押さえてしまいましょう!

 

クジラの構文の例文

no more~than…で、「~でないのは、…でないのと同じことだ」と訳します。

 

まずは例文を見てみましょう。

 

A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

一番言いたいのは、「クジラは魚じゃないよ!」というコトです。

 

そのために「馬は魚じゃない」という当たり前のコトを引き合いに出し、

「クジラは魚じゃない」コトを際立たせているわけです。

 

どうしてこんな訳になるの…?

 

 

クジラの構文の構造と訳し方を見ていきましょう。

 

クジラの構文の訳し方

クジラの構文の訳し方は、全部で3ステップに分けられます。

 

先ほどの例文

A whale is no more a fish than a horse is.

で見てみましょう。

 

クジラの構文訳し方
  1. thanの前後で二つに分ける →①A whale is no more a fish / ②a horse is
  2. ②の構文を①の構文とそろえる →①A whale is no more a fish / ②a horse is a fish
  3. 「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳す →クジラが魚でないのは、馬が魚出ないのと同じことだ

 

 

まず最初のポイントは、thanの前後で文を二つに分けることです。

 

①A whale is no more a fish

②a horse is

という感じですね。

 

 

次に、②の文を①の文にそろえます。②では同じことの繰り返しを避けるため、一部単語が省略されていることが多いんですね。そのため、省略を補って考えてみます。

 

①A whale is no more a fish

②a horse is a fish

赤字が省略部分ですね。

 

 

最後に、「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳します。

 

①でない、

②でないのと同じ

のように、「~でない」と訳をそろえることを意識してください。

文末に「同じことだ」と入れれば完成です。

 

冒頭の例文を改めてみてみるとこんな感じです。今度はスッと頭に入ってきますね!

A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

その他類似表現

そのほかの類似表現を取り上げます。

 

全部で二つ。基本はクジラの構文と全く同じです。

 

not~any more than…

not~any more than…で、「~でないのは…でないのと同じことだ」と訳します。

 

訳は、クジラの構文と全く同じですね。

 

thanの前後で分け、省略部分を補い、

最後に

①でない

②でないのと同じ

と訳してください。

 

A whale is not a fish any more than a horse is.

= A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚でないのは、馬は魚ではないのと同じことだ)

 

no less~than…

no less~than…で、「~なのは、…なのと同じことだ」と訳します。

 

例文を見てみましょう。

Mary is no less beautiful than Judy is.

(メアリが美しいのは、ジュディが美しいのと同じことだ)

 

 

基本は、no moreのときと同じですね。

 

まずthanの前後で文を二つに分けます。

①Mary is no less beautiful

②Judy is

 

次に、②の文を①の文にそろえます。省略を補うわけですね。

①Mary is no less beautiful

②Judy is beautiful

 

最後に、「①であるのは、②であるのと同じことだ」と訳します。

①である、

②であるのと同じ

のように、「~である」と訳をそろえることを意識してください。

文末に「同じことだ」と入れれば完成です。

 

お気づきの方もいる通り、

no moreでは「~でない」と訳しましたが

no lessでは「~である」と訳しています。

 

Mary is no less beautiful than Judy is.

(メアリが美しいのは、ジュディが美しいのと同じことだ)

 

 

Maryの美しさが、Judyの美しさに劣ってない(=no less)

→MaryもJudyも美しい

 

のように考えると、no lessが肯定的に訳される理由もわかりますね。

 

 

逆に、クジラの場合は

whaleは魚以上ではない(=no more)

→whaleもhorseも魚ではない

 

なので、no moreが否定的に訳されていたわけです。

 

まとめ

最後にまとめです。今回のポイントをまとめます。

 

クジラの構文まとめ
  • no more~than…:~でないのは、…でないのと同じことだ
  • not~any more than…:~でないのは、…でないのと同じことだ

 

  • no less~than…:~であるのは、…であるのと同じことだ

 

 

クジラの構文訳し方
  1. thanの前後で二つに分ける →①A whale is no more a fish / ②a horse is
  2. ②の構文を①の構文とそろえる →①A whale is no more a fish / ②a horse is a fish
  3. 「①でないのは、②でないのと同じことだ」と訳す →クジラが魚でないのは、馬が魚出ないのと同じことだ

 

 

以上です!

 

これで苦手分野も一つ減りましたね。

 

ご質問等あればコメント欄まで。またお会いしましょう!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【クジラの構文】no more~than…を一発で覚える方法 […]