【歌で学ぶ英語】Don’t Stop Me Now【There is no Ving: Vできない】

その他

 

こんにちは、洋楽で英語を学ぶシリーズ、今回の題材は”Don’t Stop Me Now”です。いわずとしれたQUEEN (クイーン)の名曲ですね。

 

Queen – Don't Stop Me Now (Official Video)

 

“Don’t Stop Me Now”のざっくりした歌詞

タイトルの”Don’t Stop Me Now”からもわかる通り、非常にスピード感あふれる歌です。ざっくり訳すと「俺を止めるな」ということですね。

 

Don’t stop me

Cause I’m having a good time having a good time

(俺を止めないでくれ、楽しんでいるんだ)

 

I’m a shooting star leaping through the sky

Like a tiger defying the laws of gravity

(俺は空を駆け回る流れ星、重力に逆らう虎のように)

 

 

等々…ひたすら勢いを感じさせる歌詞が続きます。途中で入るブライアン・メイのギターソロは音が走っていて非常にカッコイイ。数多ある洋楽の中でも、ここのギターソロが個人的には一番好きです。

 

There is no Ving: Vできない

今回の曲に英語教師として注目したいのは次の表現です。

 

ポイント
  • There is no Ving: Vできない

 

There is~は「~がない」という表現ですね。直訳すると「Vすることがない」でしょうか。「Vすることがない⇒Vできない」という発想で捉えるとわかりやすいと思います。

 

 

歌詞としては非常に中途半端な部分(曲の真ん中あたり)にあるのですが、”Don’t Stop Me Now”の中にはこんな一節があります。

There is no stopping me

(俺を止めることは出来ない)

 

 

「俺を止めるという行為は存在しない」⇒「俺を止められない」という発想ですね。

 

There is no Vingは入試や英検などの各種試験はもちろん、実際の英文でもしばしば見かける表現です。何度か口ずさみ、リズムに乗せて覚えられると良いですね!

 

 

ちなみに、アマゾンミュージックだと月1000円ほど(プライム会員なら800円ほど)でいろんな音楽(”Don’t Stop Me Now”ももちろん聴けます)が聴き放題です。

 

音楽に合わせて画面に歌詞が出てくるので、洋楽を聴くときとても重宝します。最初の一か月は無料なので、これを機会に試してみるのも良いですね。英語学習は、やる気がある時に勢いに任せてガツガツやるのがおススメです。

 

余談

ちなみに、”Don’t Stop Me Now”は、クイーンのフレディ・マーキュリーを主役にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』の一番良い箇所で使用されています。

※詳しくはちょっとネタバレ(?)になるのでナイショです

 

何回観ても曲の部分で鳥肌が立ちます。まだの方はぜひ観てみてくださいね。

 

※ひょっとしたら、時期によってはアマゾンのプライム・ビデオで無料で観られるかもしれません。

 

 

 

こんな感じで楽しみながら勉強していけると良いですね!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント