【全パターンまとめ】接続詞の中の”主語 (S)+be動詞”の省略【副詞節】

接続詞

 

今回は副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略についてまとめてみたいと思います。

 

文章を読んでいてもよく出くわしますが、ある程度パターンが決まっているので、まとめてチャックしてみましょう。

 

3分程度で読めますよ!

 

副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略まとめ

副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略パターンは下記の通りです。

 

 

ポイント
① 副詞節中のS´が、主節のSと同じ
② 副詞節中のV´がbe動詞 (時・条件・譲歩・様態に限る)
⇒ただし、時の副詞節でもbefore/afterは省略NG
⇒その他、there isやit isなどが慣用的に省略される場合アリ

 

 

 

いまいちピンとこない…

 

 

たとえば、時の副詞節を例に見てみましょう。

While she was in Japan, she bought the TV.

(彼女が日本にいる間、彼女はテレビを買った)

 

 

まず、主語sheがどちらも一致していますね。一致しているので、仮に省略しても、読者は「あ、ここにもsheがあるんだな」と理解できます。

 

また、be動詞も省略できます。一般動詞(たとえばplayやstudyなど)は原則省略できないので注意です。なんでもかんでも省略したら、なんの動詞が省略されているのかわからなくなりますからね。

 

結果、先ほどの例文は、”While in Japan,~”とすることが出来ます。

While she was in Japan, she bought the TV.

While she was in Japan, she bought the TV.

While in Japan, she bought the TV.

(彼女が日本にいる間、彼女はテレビを買った)

 

 

他にもいくつか見てみましょう。

 

 

時の副詞節+命令文のパターンです。命令文はyouに対して語りかけているので、youが一致しているとみなし省略可能です。

Don’t eat while you are talking on the phone.

= Don’t eat while you are talking on the phone.

(電話で話しながら食べるな)

 

条件のパターンです。

If it is kept in the refrigerator, meat will not go bad so soon.

If it is kept in the refrigerator, meat will not go bad quickly.

(冷蔵庫の中に入れておけば、肉はすぐに悪くはならない)

 

譲歩のパターンです。

Though I was tired, I studied hard.

Though I was tired, I studied hard.

(疲れていたけれど、わたしは一生懸命勉強した)

 

様態のパターンです。

She dressed in red as she usually was.

= She dressed in red as she usually was.

(いつものように、彼女は赤い服を着ていた)

 

慣用的な省略のパターンです。there isやit isが省略されることがあります。

You can ask me questions if there are any.

= You can ask me questions if there are any.

(もし何かあれば、わたしに質問してもいいですよ)

 

However hard it is, you have to keep on trying.

However hard it is, you have to keep on trying.

(どんなにつらかろうとも、君は努力し続けなければいけないよ)

 

 

省略はある程度パターン化されているので、何度か繰り返して、身体にしみこませてくださいね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント