【全パターンまとめ】接続詞の中の”主語 (S)+be動詞”の省略【副詞節】

接続詞

 

今回は副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略についてまとめてみたいと思います。

 

文章を読んでいてもよく出くわしますが、ある程度パターンが決まっているので、まとめてチャックしてみましょう。

 

3分程度で読めますよ!

 

副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略まとめ

副詞節中の”主語 (S)+be動詞”の省略パターンは下記の通りです。

 

 

ポイント
① 副詞節中のS´が、主節のSと同じ
② 副詞節中のV´がbe動詞 (時・条件・譲歩・様態に限る)
⇒ただし、時の副詞節でもbefore/afterは省略NG
⇒その他、there isやit isなどが慣用的に省略される場合アリ

 

 

 

いまいちピンとこない…

 

 

たとえば、時の副詞節を例に見てみましょう。

While she was in Japan, she bought the TV.

(彼女が日本にいる間、彼女はテレビを買った)

 

 

まず、主語sheがどちらも一致していますね。一致しているので、仮に省略しても、読者は「あ、ここにもsheがあるんだな」と理解できます。

 

また、be動詞も省略できます。一般動詞(たとえばplayやstudyなど)は原則省略できないので注意です。なんでもかんでも省略したら、なんの動詞が省略されているのかわからなくなりますからね。

 

結果、先ほどの例文は、”While in Japan,~”とすることが出来ます。

While she was in Japan, she bought the TV.

While she was in Japan, she bought the TV.

While in Japan, she bought the TV.

(彼女が日本にいる間、彼女はテレビを買った)

 

 

他にもいくつか見てみましょう。

 

 

時の副詞節+命令文のパターンです。命令文はyouに対して語りかけているので、youが一致しているとみなし省略可能です。

Don’t eat while you are talking on the phone.

= Don’t eat while you are talking on the phone.

(電話で話しながら食べるな)

 

条件のパターンです。

If it is kept in the refrigerator, meat will not go bad so soon.

If it is kept in the refrigerator, meat will not go bad quickly.

(冷蔵庫の中に入れておけば、肉はすぐに悪くはならない)

 

譲歩のパターンです。

Though I was tired, I studied hard.

Though I was tired, I studied hard.

(疲れていたけれど、わたしは一生懸命勉強した)

 

様態のパターンです。

She dressed in red as she usually was.

= She dressed in red as she usually was.

(いつものように、彼女は赤い服を着ていた)

 

慣用的な省略のパターンです。there isやit isが省略されることがあります。

You can ask me questions if there are any.

= You can ask me questions if there are any.

(もし何かあれば、わたしに質問してもいいですよ)

 

However hard it is, you have to keep on trying.

However hard it is, you have to keep on trying.

(どんなにつらかろうとも、君は努力し続けなければいけないよ)

 

 

省略はある程度パターン化されているので、何度か繰り返して、身体にしみこませてくださいね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント